姓名判断を学ぶために必要な10のステップとは

姓名判断を学ぶ10のステップ姓名判断を学ぶ

こんにちは。小野晄子です。

今回は、これから姓名判断を学んでみようかな、と思われているあなたのために、姓名判断を学ぶための10のステップをご紹介したいと思います。

 

下記をお読みいただくと、姓名判断をマスターするために、具体的にどのような知識を身に付けたら良いのか、イメージが湧くと思います。

これから姓名判断を学ぼうか考えている方は、参考にされてみてください!

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

姓名判断通信講座のご案内<ダイジェスト>

姓名判断を学ぶステップ1  姓名判断という占いについて知る

まずは、姓名判断という占いがどんな占いなのかを知っていきましょう。

  • 姓名判断でどんなことを鑑定できるのか
  • どうして名前を変えると運気が変わるのか
  • 名前の大切さ 
  • 姓名判断の的中率はどのくらいか

など、具体的な知識を身につける前に、しっかり理解しておく必要があります。

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

姓名判断を学ぶステップ2  名前の見方を知る

日常生活の中で人名を見るときには、「名前/苗字」というように大きく2つに分けて姓名を見ますが、姓名判断ではもう少し細かい括りで名前をみていきます。

まずは、名前をどういう風に鑑定していくのか、名前の見方を勉強する必要があります。

姓名判断の基本的なルールや画数の見方などについて学んでいきましょう。

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

姓名判断を学ぶステップ3  吉名の条件について知る

姓名判断では、名前の吉の要素と凶の要素を判断していく必要があります。

まずは、どんな名前が吉名になるのか吉名の条件について知っていく必要があります。

流派による考え方の違いもありますが、私がお伝えしている姓名判断では、名前を鑑定していくときには、

  • 読み下し
  • 五行
  • 陰陽
  • 天地配合
  • 画数

という5つの観点から、判断をしていきます。

この1つ1つの重要性と、それぞれの役割について知識を身につけましょう!

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

姓名判断を学ぶステップ4  読み下しについて知る

読み下し(よみくだし)というのは、

  1. 字の意味
  2. 字の音
  3. 字の形

という3つを合わせたものを言います。

ステップ4としては、この「音」「形」「意味」について学びましょう。

名前に使うと運気を上げてくれる漢字もあれば、逆に、名前に使いたくない音、運気を下げてしまう漢字などもあります。

良い漢字の組み合わせ、悪い漢字の組み合わせなど、具体例を知りながら文字のもつ「気」「エネルギー」というものについて学ぶ必要があります。

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

姓名判断を学ぶステップ5  五行について知る

姓名判断には、陰陽五行の考え方を使っていきますので、まずは陰陽五行について知る必要があります。

陰陽五行の五行は「木 火 土 金 水」の5つです。

漢字1つ1つにも五行がありますから、漢字の五行の見分け方を身につけることが大切です。

漢字の五行がわかるようになったら、五行の組み合わせによる吉凶や、五行による性格の判断方法を学びます。

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

ステップ6   陰陽について知る

漢字には、陰の性質をもつ漢字と、陽の性質をもつ漢字があります。

陰と陽の漢字がどう並んでいるか、配列によって、運勢にいろいろな影響がでてきます。

  • 漢字の陰陽の見分け方
  • 陰陽の配列のパターンと運勢にもたらす影響

について知識を深める必要があります。

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

ステップ7  天地配合について知ろう

天というのは苗字のことをさします。地というのは名前のことをさします。

簡単に言えば、天地配合というのは、苗字と名前のバランスのことを言います。  

 

苗字と名前の良いバランスというものには、一定の法則がありますので、

この法則についてと、天地配合のバランスによる影響について学んでいく必要があります。

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

姓名判断を学ぶステップ8  画数について学ぶ

画数には、1画〜81画まであります。

この1画〜81画、それぞれに意味があるのですが全部覚えるのは大変ですよね。

でも大丈夫。実は覚え方があるんですよ。

2桁以上の数字というのは、2つの数字の組み合わせによってできていますよね。

ですから、基本的には、1〜9までの数字のもつ意味や性質というものをしっかり知っておけば、画数の吉凶というのは割とすぐ判断できるようになるんですね。

これは数秘術にも通じる考え方なんですよ。

実際、数秘術とも共通している点がたくさんありますので、数秘についての知識も身につきますよ。

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

姓名判断を学ぶステップ9  商品名や会社名の鑑定法を学ぶ

人の名前の鑑定ができるようになったら、商品名や会社名の鑑定もできるようになります。

ただし

  • カタカナの画数の数え方
  • アルファベットの画数の数え方

を知る必要があるのと、会社名や商品名を見るときの法則もありますので知っておきましょう。

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

姓名判断を学ぶステップ10  鑑定にあたってのプロの技を学ぶ

姓名判断の基本については1〜9のステップで学ぶことができます。

プロとしてお仕事をしたいという方は、実際に鑑定をするにあたっての細かいプロの技がありますので、学ぶ必要があります。

具体的には

  • 流年と九曜表について (名前の吉や凶が何歳のときに出るか?という判断法)
  • 名前の使い始めに適する日取りの見方 
  • 社会運や家庭運の鑑定方法(ヨコの鍵)
  • かかりやすい病気や体質の見方
  • 数え方に注意が必要な漢字

などです。

姓名判断を学んでみたい方へ

以上、姓名判断を学ぶにあたっての10のステップをご紹介しました。

姓名判断を学ぶステップのイメージが湧きましたか?

 

いろいろ覚えることがあって大変そう・・と思われるかもしれませんが

姓名判断は占いの中では比較的短時間でマスターできる占いです。

ステップを踏んでしっかり学んでいけば、誰でも必ず、姓名判断ができるようになりますよ。

姓名判断を学んでみたいという方はこちらの講座のご案内をご覧くださいね!

自宅で学べる姓名判断通信講座「姓名判断オンラインプログラム」のご案内はこちらです

※講座や鑑定に関するお問い合わせや、その他のご質問につきましては

こちらからお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました