姓名判断の鑑定はどうやってやる?鑑定の手順7ステップを公開します

姓名判断を学ぶ

こんにちは。

小野晄子です。

 

今回は、

お名前の改名や

ビジネスネームの作成を検討している方

 

または姓名判断に興味があって

勉強したいと思われているあなたへ向けて

 

 

実際に姓名判断におけるお名前の鑑定とは

どのように行っているのか?

 

という鑑定の実際の手順とステップを公開しようと思います。

 

 

姓名判断の鑑定について詳しく知ってみたいという方は

参考にしてみて下さい。

 

姓名判断の講座のご案内はこちらです

 

ステップ1 漢字1つ1つの画数を正確に出します

まず、最初のステップは

お名前を書き出し

漢字1つ1つの画数を正確に出していきます。

 

このときの注意点としては

とにかく正確に画数を出すということです。

 

 

漢字の画数を間違えてしまうと

正確な鑑定ができません。

 

流派の違いはありますが

漢字は

基本的には旧字に一度直して見るようにします。

 

 

例えば

女性のお名前に良く使われる

「実」

という文字。

 

この文字は何画だと思いますか?

 

「実」という文字は

「實」

と書くのが正しい文字ですので

14画で数えます。

 

 

また、

さんずいやしんにょうなど

何画で数えるのか迷ってしまう

へんやつくりもあると思います。

 

ルールに則って

正確な画数を出すことが

 

まずは姓名判断の鑑定の

第一の重要なステップとなります。

 

インターネットの

無料の鑑定ソフトなどでは

 

そもそも正確な画数を出せていないことも多いですので

鵜呑みにしないようにして下さい。

 

画数を調べるときは、

しっかり漢和辞典を使うのがおすすめです。

 

画数の数え方については

下記記事を参考にしてみて下さいね。

 

姓名判断では旧字を使いますか?新字で見ますか?
姓名判断をするにあたって、新字で画数を数えるのか、旧字で画数を数えるのか迷ってしまうことはありませんか?新字と旧字、どちらを採用するべきかや新字と旧字の違いなどについて解説しています。
さんずいやしんにょうの画数は何画でしょうか?姓名判断の画数の数え方7つ
姓名判断で、さんずいやしんにょう、りっしんべんやこざと、くさかんむりなどなど・・画数の数え方に迷ってしまうことはないでしょうか?数え方に迷いやすいへんやつくりの画数の数え方を紹介しています。

 

姓名判断の講座のご案内はこちらです

ステップ2  五行の配列を正確に出します

姓名判断の鑑定を行うにあたって

欠かせないのが

「五行」(ごぎょう)

という要素です。

 

五行とは

「五行説」

という理論に基づいた概念で

 

宇宙の万物を

木 火 土 金 水

という5つの要素に分けて考えます。

 

漢字1つ1つにも

この「五行」が存在します。

 

例えば

「山」という文字は金性の文字です。

「海」という文字は木性の文字です。

 

五行の出し方にもルールがあります。

 

基本的には

漢字の「音」によって

五行を分類します。

 

このときに五行を間違えてしまうと

正確な鑑定ができません。

 

正確に五行の配列を出していきます。

 

五行の出し方についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい

名前と五行の不思議な関係?!名前を変えれば性格が変わる!
お名前を変えたいあなたへ。名前を変えれば性格も変わってきます。性格の悩み別にどんな名前を付けるのがおすすめかを紹介しています。

 

 

 

姓名判断の講座のご案内はこちらです

ステップ3  陰陽の配列を正確に出します

五行と同じくらい重要な要素が

「陰陽」

というものです。

 

陰陽とは、

 

偶数の漢字を陰

奇数の漢字を陽

 

として

この2つのバランスを見るものです。

 

 

このときに、

ステップ1の画数の出し方を間違えてしまうと

陰陽の配列も正しく鑑定ができなくなってしまいます。

 

まずはステップ1で正確に画数を出した上で

陰陽のバランスが整っているかどうかを見ることが重要です。

 

このときに

陰を●

陽を○

 

というように

表記して

 

○と●で偶数と奇数のバランスを見ます。

(○と×でも良いですが)

 

例えば

簡単な例で

「山川 友子」 さん

というお名前の方でしたら

 

山=3画  川=3画  友=4画  子=3画

です。

 

そうすると陰陽の表記は

○○   ●○

となります。

 

 

 

姓名判断の講座のご案内はこちらです

 

ステップ4  天地の配合を出します

姓名判断における

「五大真理」

と呼ばれる5つの鑑定要素があります。

 

それが、

 

読み下し

五行

陰陽

天地配合

画数

 

という5つとなります。

 

姓名判断をするには

この5つの要素を正確に鑑定することが必要です。

 

4つ目のステップとして

「天地の配合」

というものを見ていきます。

 

天地配合というのは

 

天=苗字

地=下の名前

 

のことです。

 

苗字と下の名前のバランスが整っているかを見るのが

天地配合の鑑定です。

 

この時にポイントとなるのは

 

1)苗字の総画数と下のお名前の総画数を出す

2)苗字の1番上の画数と下のお名前の1番上の画数のバランスを見る

3)苗字の1番上の画数と下のお名前の1番下の画数のバランスを見る

 

という3点となります。

 

天地配合において

特に気をつけたいのは

 

1)の苗字の総画数と下のお名前の総画数が全く同じとなる(天地総同数)

2)苗字の1番上の画数と下のお名前の1番上の画数が全く同じとなる(天地同数)

3)2)の苗字の1番上の画数と下のお名前の1番上の画数が3・5・9という数字が重なる(天地衝突)

 

の3つです。

 

天地配合の鑑定は

主には、この3つについてをみていきます。

 

天地配合は

主に、上下関係や親子関係

組織での人間関係に影響します。

 

 

姓名判断の講座のご案内はこちらです

 

ステップ5  天格・地格・人格・総格を出す

ステップ5として

天格・地格・人格・総格

という4つの画数を出していきます。

 

鑑定の場合にはこの4つに加え、

他にも画数を出しますが

最も重要なのは

 

地格・人格・総格

の3つです。

 

地格・人格・総格の出し方や意味については

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

姓名判断の画数の数え方、見方の3つのポイントを解説
姓名判断を使って名付けをしたいけれど、「画数」ってどうやって数えれば良いの?という疑問にお答えします。姓名判断における画数の見方、数え方を説明しています。

 

 

 

姓名判断の講座のご案内はこちらです

ステップ6   字音・字義・字形を見る

ステップ5までが

 

陰陽

五行

天地配合

画数

 

という4つの要素の鑑定となります。

 

最後に、

「読み下し」といって

 

 

お名前全体や漢字の形(字形)

お名前全体や漢字の音(字音)

お名前全体や漢字の意味(字義)

 

という要素を見ます。

 

お名前の形が整っているかどうか、

音がどんな響きを持っているか

お名前に使われている漢字の意味などから

 

人生にどんな意味や影響が出るかを見ていきます。

 

 

姓名判断の講座のご案内はこちらです

ステップ7 陰陽・五行・天地配合・画数から総合的に鑑定を行う

いくら画数が良くても

陰陽や五行など他の要素が悪いと

 

画数が活きないので

画数の良い意味が出てきません。

 

鑑定を行う際には

ステップ1〜6までの

 

読み下し

陰陽

五行

天地配合

画数

 

という5つの要素が

整っているかどうか

またその意味を総合的に判断し鑑定を行います。

 

 

以上、

今回は姓名判断における

鑑定の実際の手順7ステップを公開しました。

 

お名前は氏名、姓名とも言いますが

「使命」や「生命」

を表すものです。

 

お名前を鑑定するということはすなわち

「生命」や「人生」の鑑定をすることにもつながりますし

 

お名前を新しく創るということは

命が変わるということを意味します。

 

 

姓名判断に興味がある方へ

姓名判断の講座を開催しております。

姓名判断の講座のご案内はこちらです

 

 

赤ちゃんの命名・ビジネスネームやペンネームの選名などのご相談を承っております。

ビジネスネームの選名のご依頼はこちらからお願い致します

赤ちゃんの命名のご依頼はこちらからお願い致します

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました