姓名判断を学ぶ方法は?独学で学べる?それとも講座がおすすめ?

姓名判断を学ぶ

こんにちは。

小野晄子です。

 

今回は

「姓名判断を学んでみたい」

というあなたへ

 

「姓名判断を学ぶ方法」

について

 

私の体験談も交えながら

ご紹介します。

 

参考にしてみてくださいね!

 

姓名判断の講座を開催しています。詳細はこちらです

 

姓名判断は独学で学べる?

何のために

姓名判断を学ぶのか

その目的にもよりますが・・

 

私の個人的な見解では

姓名判断は、

 

本だけで学ぶのは

少し難しいのでは、

とは思います。

 

というのは

 

姓名判断は

流派による考え方の違いがかなり大きいので

 

本で学ぼうとすると

読めば読むほど

 

何が合っているか

わからなくなってしまうのではと思うからです。

 

私も最初は

姓名判断の本をいくつか買って

勉強しましたが

 

お仕事として

選名・改名などのアドバイスをしたり

鑑定をしていく場合には

 

本だけでの勉強の場合

自信が持ちにくいのでは、

とは思います。

 

それでも姓名判断を独学で、

本で勉強したい、

という方へ

 

とにかく

必須アイテムとなるのは

 

漢字の語源が載っている

「漢和辞典」です。

 

※文末に、おすすめの辞典を載せておきます。

 

姓名判断の講座を開催しています。詳細はこちらです

 

姓名判断を講座で学ぶ方法

通信や対面のレッスンなど

講座で学ぶという方法は

 

姓名判断をマスターするのに

最もよい方法では、

と私は思います。

 

私自身も

講座で姓名判断を

学ばせて頂きました。

 

講座で学んで良かった点は

「アフターフォロー」

です。

 

やはり

実際に鑑定をしたり

選名・改名のお手伝いをするようになると

 

最初のうちは特に

「これはどうなんだろう?」

と、

 

わからないケースが

出てくることもあります。

 

そんな時に

すぐに個人的に先生に聞くことができる、

 

そんな環境があると

自信を持って

鑑定やアドバイスもできるのではないでしょうか。

 

ですので、

やはり先生について学ぶのが

 

最も身に付く方法なのでは、

とは思います。

 

ちなみに

大手の通信講座ですと

アフターフォローがなかったり

 

主に本だけでの勉強になることもあると思います。

 

私は個人的には

あまりオススメしませんが

会社による違いもあると思いますので

 

大手の通信講座を受講する場合には

アフターフォローや

講座の受講形式について

よく調べてから受講されると良いと思います。

 

姓名判断の講座を開催しています。詳細はこちらです

 

姓名判断を学ぶなら必須のものとは

姓名判断は

とても奥深い学問だと思います。

 

「画数」

「五行」

「陰陽」

「天地配合」

 

と言った要素がありますが

 

これらは法則を知れば

比較的

早くマスターできると思います。

 

それ以外に最も重要なのが

 

「漢字の成り立ち」

「語源」

「意味」

 

などを理解していくということです。

 

姓名判断を学ぶにあたって

最も大事なのが

「漢字と向き合っていく」

ということ。

 

同じ漢字でも

どう組み合わせるかによっても

意味が違ってくることもあります。

 

そんな

「文字の意味」

「漢字の重要性」

というところは

 

意外に、

本には書かれていないところだったりします。

 

漢字の意味を勉強するには、

 

「漢字の語源が載っている」

漢和辞典を購入して

 

漢字の成り立ちを

知っていく作業が必須となります。

 

おすすめの辞典を紹介しておきます。

プロが鑑定や、選名で使う辞典です。

 

「字通」
著 :白川 静
平凡社 10,800円

 

ちょっとお高いですが・・

たくさんある漢和辞典の中で

先生から推奨して頂いて

私も使用しているものです。

 

 

姓名判断を

本で学ぶにしても

講座で学ぶにしても

 

漢字の意味や語源が載っている

「漢和辞典」

これは勉強には必須アイテムとなります。

 

 

以上、

姓名判断を学ぶ方法について

私の体験も元にしながら

ご紹介させて頂きました。

 

姓名判断を講座でしっかり

学びたいという方へ

 

東京都内で個人レッスンを開催しています。

体験レッスンも受講可能ですのでお問い合わせくださいませ。

姓名判断の講座の詳細はこちら

 

鑑定や講座についてお問い合わせはこちらからお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました