姓名判断で数字の画数はどうやって数えますか?

姓名判断を学ぶ

こんにちは。小野晄子です。

さて、最近、「姓名判断で数字の画数はどうやって数えますか?」というご質問を受けました。

今回は、姓名判断における数字の数え方についてシェアします。

姓名判断オンラインプログラムはこちらです

人名に数字の漢字を使っている場合

苗字やお名前に数字の漢字を使っている、という方もいらっしゃると思います。

例えば、

  • 七瀬さん
  • 九条さん
  • 一条さん

といった苗字の方や、そのほか下のお名前でも

  • 奈七子さん
  • 五郎さん
  • 七絵さん

といった具合ですね。

この時に、数字の漢字をどう数えるのか、疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

九だったら9画、八だったら8画、七だったら7画・・・と数えれば良いのでしょうか?というようにご質問を頂く事もあるのですが、結論から申しますと、この様な数え方はしません

七でしたら2画で数えますし五だったら4画八だったら2画というように数えます。

中には流派による考え方の違いで八なら8画、四なら4画・・というように数字の場合はその数字を画数として数えましょう、という流派もあるようですが、この考え方ですと、百は100画、千という文字なら1000画、万という漢字なら10000画で数えるということになってしまいます。

これはどう考えてもちょっとおかしいですよね。

数字の漢字の場合も他の漢字同様、そのまま漢字の画数を数えて下さいね。

ビジネスネームの選名の詳細はこちらです

ローマ数字の画数の数え方は?

それから例えば商品名や屋号などで数字を使う場合ですが、この場合には、ローマ数字であっても一度、漢数字に直してから画数を数えるのが基本となります。

例えば「ヤマト3号」といった商品名があったとしたら「ヤマト三号」というように、数字を漢数字に一度直してから画数を数えることになります。

  • 1=一 =1画
  • 2=二 =2画
  • 3=三 =3画
  • 4=四 =5画
  • 5=五 =4画
  • 6=六 =4画
  • 7=七 =2画
  • 8=八 =2画
  • 9=九 =2画

となります。

商品名や屋号、お名前の名付け、選名をお手伝いします

以上今回は数字の画数の数え方についてシェアしました。

屋号のネーミングやビジネスネームの選名のお手伝いをさせて頂いておりますので、名付けにお悩みの方はお問い合わせくださいませ。

ビジネスネームの選名の詳細はこちらです

また姓名判断の通信講座も開催しております。名付けや姓名判断について1から学びたい方は下記講座のご案内をご覧下さい。

姓名判断オンラインプログラム【開運ビジネスネーム作成講座】
国内トップクラスと言われる姓名鑑定を自宅で動画で学べる通信講座(オンライン講座・eラーニング)のご案内です。開運ビジネスネームを自分で作りたいという方や赤ちゃんの命名をされたいという方、姓名判断を学んでみたいという方は是非ご参加ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました