姓名判断の画数の数え方、見方の3つのポイントを解説

姓名判断を学ぶ

こんにちは。小野晄子です。

これからビジネスネームやペンネームを作るなど「名付け」をされる予定のあなたへ。

姓名判断を使って、良い画数の名前にしたい!という想いもおありかもしれません。

しかし、いざ画数を数えようと思っても、「そもそも、画数ってどうやって数えるの?」「どこをどう見たら良いのか・・見方がよくわからない」などと疑問を持ってしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、姓名判断における、「画数の数え方の3つの基本」を解説します。

画数の見方がわからない、という方は、参考にされてみてください。

5分で丸わかり!動画で解説していますので下記をクリックしてご覧ください。

小野晄子の開運チャンネル!ぜひチャンネル登録をお願いします

ビジネスネームの選名のご依頼はこちら

重要なのは地格、人格、総格の3つ

画数を数える時に重要なのは

  1. 地格
  2. 人格
  3. 総格

という、3つのポイントを押さえて画数を数えることです。

この3つを吉数=良い画数にすることが、姓名判断における吉名の作り方の基本となります。

他に、外格や、天格、内格総和+天数、内格総和+底数といった、色々な画数や考え方があるのですがが、まず基本はこの3つ「地格/人格/総格」を良くすることが重要となります。

ビジネスネームの選名のご依頼はこちら

地格の見方、数え方

まず、地格の見方、数え方から解説します。

地格は、「下のお名前の文字の画数全部を足したもの」です。

例えば「深田恭子さん」なら、地格は、「恭」=10画 「子」=3画ですので、10+3=13画となります。

3文字や、1文字名前でも数え方は同じです。

例えば、「黒木 瞳さん」なら地格は1文字ですから、そのまま瞳=17画です。

「片岡愛之助さん」なら地格は「愛」=13画「之」=4画「助」=7画なので、
13+4+7=24画となります。

姓名判断を学んでみませんか?姓名判断オンラインプログラムはこちらです

人格の見方、数え方

「人格」というのは、社会運や、中年期の運勢を表す重要な画数となります。

人格とは、「苗字の最後の1文字+下の名前の最初の1文字」です。

例えば、「深田 恭子さん」でしたら「田」と「恭」の画数を足したものが人格。

「田」=5画 「恭」=10画ですから、この場合人格は15画と数えます。

1文字名前や3文字名前でも数え方は同じです。

例えば「黒木 瞳さん」でしたら「木」(4画)+「瞳」(17画)で人格は21画となります。

姓名判断を学んでみませんか?姓名判断オンラインプログラムはこちらです

総格の見方、数え方

最後に、総格の見方と数え方を解説します。

総格は、「お名前のすべての文字の画数を足した数」を言います。

例えば「市原 幸さん」(いちはら さち)というお名前の方でしたら、「市」(5画)+「原」(10画)+「幸」(8画)で23画が総格となります。

総格の画数は、人生の総合運や、晩年運を表し、やはりとても重要な部分となります。

吉名を作りたい方へ

以上、今回は「姓名判断における画数の見方、数え方」について、3つのポイントに絞って解説をしました。

画数について言えば、この3つのポイントを押さえ、良い画数を使うことが大事になりますので
活用してみてくださいね。

吉名をつけて運気アップをしたい!という場合には、画数も大事ですが、画数だけでなく、他の要素もしっかり整える事でお名前のパワーが発揮されます。

吉名を作りたいという方は、選名のお手伝いや講座を開催しておりますので下記ご案内をご覧ください。

姓名判断オンラインプログラム【開運ビジネスネーム作成講座】
国内トップクラスと言われる姓名鑑定を自宅で動画で学べる通信講座(オンライン講座・eラーニング)のご案内です。開運ビジネスネームを自分で作りたいという方や赤ちゃんの命名をされたいという方、姓名判断を学んでみたいという方は是非ご参加ください。
開運ビジネスネームの選名
これから起業される方や副業をされている方へ。姓名判断を使い開運するビジネスネームの選名のお手伝いをさせて頂いております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました