結婚相手は名前で選べ!姓名判断でみる結婚NGネーム9パターン

Pocket

こんにちは。

小野晄子です。

 

 

 

 

 

さて今回は、

これから結婚を考えているあなたへ向けて

姓名判断でみる結婚相手の選び方をお伝えしたいと思います!

 

 

結婚という重大イベント・・

迷いなく結婚相手が見つかる方は良いですが

 

 

中にはいろいろな人と出会う中で、

「この人とお付合いすべきか」

「この人と結婚して良いのか」

などと迷う方もいるのではないでしょうか?

 

 

現在日本では離婚率は34%とも言われ

結婚後、関係が上手くいかなかったり

結婚を後悔してしまうカップルも数多くいるのが事実。

 

結婚前に、

「いかに相手の性格や自分との相性を見抜くか!」

ということは重要ポイントであります。

 

 

もっと言うならば

お付合いをして相手のことを好きになる前に

相手が自分にふさわしいかを見抜くべきです。

 

 

自分と合わない相手や性格が悪い相手、

または運が著しく悪い相手とお付合いする

人生のロスは勿体ないですし

 

 

そういう相手と結婚してしまうのは悲劇ですが

お付合いをしてしまうと

相手のことがだんだん好きになり、

相手の本質が一時的に見えなくなってしまうため

 

お付合いが始まる前に、

名前で相手のことを見抜く必要があります。

 

名前を結婚の判断基準にするなんて馬鹿げている!

という方もいらっしゃるかもしれませんが

私がお伝えしている姓名判断術はかなり的中率が高いですし

女性は結婚相手によってかなり人生が変わるのも事実です。

 

 

ですのでぜひ、下記でご紹介します姓名判断術を

少しでも頭の片隅に置いておいて頂いて、

結婚前に(できればお付合いする前に)

相手のお名前をチェックしてみてください。

※お見合いや婚活をされている方はぜひ使って頂けたらと思います。

 

 

尚、結婚するにあたっては

相手の名前から相手の性格や運などを見ることも大事ですが

結婚後、姓が変わって自分の名前がどうなるか?

ということが1番大事なポイントとなります。

 

 

下記、結婚してはいけない人の名前の

代表的なNGパターンを9つご紹介しますので

お読みになってみてください。

 

結婚相手は名前で選べ!姓名判断でみる結婚NGネーム9パターン

 

①結婚後の名前の人格の並びが火ー火となる

相手と結婚して姓が変わった場合、

あなたの名前はどう変わるでしょうか?

 

結婚後のあなたの名前が姓名判断においては最も重要となります。

 

結婚後の名前が良ければ

概ね幸せな人生を送れる可能性がかなり高いですが

反対に結婚後の名前が悪ければ

結婚前より結婚してからの方が苦労が多くなります。

 

 

ここで特に気を付けたいポイントは

人格と言われる、

苗字の1番最後の文字と名前の最初の文字の並びの配列です。

 

五行といって、

すべての漢字には木・火・土・金・水の5つのエネルギーがあります。

 

漢字を音読みで読んだ時に

た・な・ら行の音 →火性
は・ま行の音 →水性
あ・や・わ行の音→土性
か行 →木性
さ行 →金性

 

となります。

 

たとえば鈴木洋子さんであれば

人格の「木」→音読みで「もく」と読むから水性

「洋」→音読みで「よう」と読むから土性

 

鈴木洋子さんの人格の五行配列は、

水・土

という並びとなります。

 

気をつけたいのは、

この配列が火ー火となる場合。

 

 

例えば

川井奈美さんという方が

「富田さん」という男性と結婚して

富田奈美さんになるとします。

 

そうすると

田→音読みで「でん」と読むから火性

奈→音読みで「な」と読むから火性

 

で富田奈美さんは

結婚後の人格配列が火ー火となってしまいます。

 

火ー火には、

・性格が激しすぎる

・感情的になりやすい

・対人関係でぶつかる

・経済的にヒーヒーしやすい(火火)

などの意味があり、運勢学的にも凶の要素が強くなります。

結婚後は喧嘩が多くなり、

かなり夫婦でぶつかり合いが多くなることが予想されます。

 

よって結婚して人格配列が火ー火になる相手とは

結婚はあまりお勧めできません。

※結婚前の現在のお名前が火ー火になる方も
結婚後に火ー火とならないような相手を選ぶと良いでしょう。

 

 

②結婚後の名前の人格の並びが水ー水となる

①と同じように、

人格の五行の配列が

「水ー水」になる場合もかなり凶が強くなります。

 

例えば

木下美香さんという方が

「橋本さん」という男性と結婚したとします。

 

そうすると名前は

橋本美香さんに変わりますね。

 

人格配列を見てみましょう。

本→音読みで「ぽん」「ぼん」と読むから 水性

美→音読みで「び」「み」と読むから水性

 

で、人格の五行配列は

水ー水

となります。

 

これは危険です。

水ー水の配列の方の場合、

 

・かなり苦労が多い・苦労性

・対人関係で特に苦労する

・人に騙されたり、利用されたりする

・不倫など異性トラブルが多くなりやすい

・孤独になりやすい

 

などが出やすくなり、

夫婦関係は冷えきったものとなるでしょう。

 

※①同様、結婚前の現在のお名前が水ー水になる方も
結婚後に水ー水とならないような相手を選ぶと良いでしょう。

 

 

③結婚後の名前の人格配列が火ー水、水ー火となる

①②同様、

結婚後の名前の人格の五行配列が

「火ー水」

「水ー火」

どちらかの配列になる場合もかなり良くないです。

 

例えば

山崎麻美さんという女性が

「田中さん」という男性と結婚した場合

 

名前は

田中麻美に変わりますが

 

中→ 音読みで「ちゅう」だから火性

麻→ 音読みで「ま」だから水性

 

となり、人格の五行の配列は

「火ー水」となります。

 

人格の五行配列が

火ー水や水ー火となる場合には、

 

・対人関係でぶつかり合いが多い

・性格が激しい・怒りっぽい

・トラブルに巻き込まれやすい

・ジェットコースターのような激しい人生になりやすい

 

ということがあり

あまりお勧めできません。

 

※①同様、結婚前の現在のお名前が火ー水や水ー火になる方も
結婚後に火ー水、水ー火や火ー火などにならないような相手を選ぶと良いでしょう。

 

 

④結婚後の陰陽配列が大挟みとなる

姓名判断においては、

陰陽配列という考え方があります。

 

漢字の画数を見たときに

偶数を陰、奇数を陽としてみて

その並び方のバランスをみるというものです。

 

偶数を⚫︎ 奇数を⚪︎で表すとしましょう。

 

結婚後の名前の画数が

下記のような並びになる場合には注意が必要です。

 

1) ⚪︎⚫︎ ⚫︎⚪︎

2) ⚫︎⚪︎ ⚪︎⚫︎

(左側を苗字、右側を名前とします。
苗字も名前も偶数と奇数が交互に並びますが
偶数または奇数がサンドイッチ状態になっている並びです)

 

3) ⚪︎⚫︎ ⚫︎⚪︎⚪︎

4) ⚪︎⚫︎ ⚫︎⚪︎⚫︎

 

①〜④のような奇数と偶数がサンドイッチ状態に並ぶ陰陽配列を

専門用語で「大挟み」と言いますが

 

かなり凶の要素が強く

実りが少なく苦労が多くなるため、

 

結婚後に名前が大挟みとなるようであれば

その結婚はあなたにとってあまり良くない結婚かもしれません。

 

 

⑤結婚後の名前の陰陽配列が中断となる

④と同様、

偶数と奇数の陰陽配列を見た場合、

下記のような並びになる場合には注意が必要です。

 

1)⚫︎⚫︎ ⚪︎⚪︎

2)⚪︎⚪︎ ⚫︎⚫︎

3)⚫︎⚫︎ ⚪︎⚪︎⚪︎

4)⚪︎⚪︎ ⚫︎⚫︎⚫︎

 

1)〜4)のように

苗字と名前で偶数だけ/奇数だけと分離している並びを

専門用語で「中断」といいます。

 

結婚後の名前の陰陽配列が中断になるような結婚は

やはりお勧めできません。

 

人生が中断してしまう、という意味がでてくるため

人間関係が断絶しやすかったり

やってきたことが途中で中断してしまったりといった人生に

なりやすくなります。

 

 

⑥結婚相手の人格の五行配列が火ー火である

結婚相手の名前の人格の五行配列が

火ー火である場合、

相手の性格は割と激しく、感情的になりやすいと言えるでしょう。

 

自分の名前にもよりますが、

自分の名前にも水や火が多くある場合には

対立が激しくなる可能性が高くなります。

 

 

⑦結婚相手の人格の五行配列が水ー水である

結婚相手の名前の人格の五行配列が水ー水である場合

不倫などの異性トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

または苦労が多かったり

夫婦関係が冷え切ったものとなる可能性が高いです。

 

 

⑧結婚相手の人格の五行配列が火ー水、水ー火である

結婚相手の名前の人格の五行配列が火ー水や水ー火である場合

相手の性格は比較的激しく、

自分の名前によっては喧嘩やぶつかり合いが多くなりそうです。

 

また結婚相手は性格の激しさ故、

職場などで対人トラブルがあったり

好き嫌いが激しいという場合も多く、

 

それ故になかなか出世ができなかったり

やってきたことが0になってしまったりということも有りうるため

注意が必要です。

 

 

⑨結婚後の名前の画数が22画や44画になる

画数の中でも特に気をつけたい画数は

22画、44画です。

 

結婚後の名前の画数(人格や総格)に

22画や44画が含まれるようになるという場合

結婚後かなり苦労することが予想されますので

 

できたら避けた方が良いでしょう。

 

 

以上、姓名判断でみる結婚NGネーム9パターンをご紹介しました。

 

上記でご紹介した9パターンは、

様々な凶の要素の中でも特に気をつけたいパターンですので

結婚を考えている相手が上記にあてはまっていないか

結婚前にチェックしてみてください。

 

 

もちろん、最終的には名前ではなく、

本当に結婚したい相手であれば

名前関係なしに結婚すると思いますが

 

もし結婚する相手が上記の9パターンに当てはまる場合

「こういう可能性もあるかもしれない」

ということを頭の片隅に置いて相手を見て見ていただくと

「確かに・・」と思うことが出てくるかもしれません。

 

婚活やお見合いでは、

なかなか相手の本性が見抜けないということが多くあります。

 

 

また恋は盲目と言われますから、

お付き合いをする前に冷静に相手のことや

自分との相性を見る1つの材料として頂ければ幸いです。

 

そのことでより幸せな結婚と結婚生活を手に入れて下さいね!

 

 

もし上記の9パターンに自分や相手が当てはまっているけれど

なんとかしたい!

という場合には、通称名やペンネームを作ることでも改善は見込めますので

ご相談頂ければと思います。

 

<参考文章>

姓名判断で名前が悪い場合どうしたら良い?解決策はコレだ

 

 

その他、姓名判断によって相手との相性や

結婚後の名前の運勢について詳しく知りたいという方など

名前についてご相談を承っております。

お問い合わせはこちらから

 

 

選名をしたい方へ

選名・命名のご相談はこちらから

 

姓名判断を学びたい方へ

姓名判断講座はこちらから

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter でフォロー

このページの先頭へ