13の月の暦でみる「黄色い種」の紋章について

13の月の暦使い方レッスン

こんにちは。小野晄子です。

13の月の暦に興味を持っている方やこれから活用したいとお考えのあなたへ。

今回は、13の月の暦の中における「黄色い種」という紋章についてシェアします。

参考にしてみて下さい!

黄色い種の3つのキーワードは?

「黄色い種」という紋章において、ホゼ・アグエイアス博士が提唱した3つのキーワードというものがあります。

黄色い種の日には、この3つのキーワードからエネルギーを意識したり、瞑想したりするのがおすすめです!

黄色い種の3つのキーワード

開花 目指す 気付き

英語では

Flowering Targets Awareness

となります。

  • 黄色い種が持つパワー:開花させる力
  • 黄色い種が持つ行動:目指す
  • 黄色い種が持つエッセンス:気付き

とも言えます。

黄色い種の紋章を持つ人の特徴は?

黄色い種の紋章を持つ人はどのような特徴があるのでしょうか?

ホゼ博士の提唱する3つのキーワードを元に、私の個人的な見解と解釈をお伝えしたいと思います。※ホゼ博士が提唱している13の月の暦では、「この紋章を持つ人はこのような性格」という定義はしていません。

黄色い種が持つパワー=開花させる力

黄色い種には、「Flowering」というキーワードがあります。

Flowering=開花、開花する力です。

黄色い種の紋章を持っている人は、生まれながらにして、開花する力を持っていたり、人を開花させる力を持っているとも言えるかもしれません。

エッセンスとして、「気付き」というキーワードもありますので、人に気付きを与えながら、才能や力などを目覚めさせ、開花させていく、という使命を持っているとも言えます。

黄色い種が持つ行動=目指す

黄色い種には「目指す」=Targetsというキーワードがあります。

「Targets」には、的を絞ってまっしぐらに目標を目指していくようなイメージがありますが、黄色い種の紋章を持っている人は、目標をしっかりと定め、目指していく事が人生における1つの重要なテーマとなっているとも言えると思います。

黄色い種の紋章を持っている人は、とても知識欲があり、「知りたい」という欲求や探求する意欲が強いとも言われる事がありますが、私自身も、黄色い種の紋章を持つ方は興味の対象の幅が広かったり、見識が広かったり、知識が豊富だったりする事が多いように感じています。

何かを深掘りしてとことん極めるような力が強いのかもしれませんし、そのような姿勢が大事なのかもしれませんね。

黄色い種が持っているエッセンス=気付き

黄色い種の紋章には「気付き」というキーワードがあります。

何かを目指して、=Targets そしてその学びや何かを追求した先に、大きな気付きを得たいと思っている魂の声があるのかもしれません。

黄色い種の日におすすめのエッセンシャルオイル

黄色い種の日に使いたいおすすめのエッセンシャルオイルを紹介します。

黄色い種の日は、「サフラン」や「クローバー」のオイルを使い、香りを嗅ぐのがおすすめ!

(こちらは、「マヤンオラクル」を参考にしております。)

お部屋にディフューズしながら瞑想すると、黄色い種のエネルギーと繋がりやすくなりますので試してみて下さいね。

マヤの叡知と繋がりたい方へ

マヤの叡知と繋がり、気付きを促進したいという方へ。

「マヤの叡知」というオリジナルアルケミーエッセンスをお作りしています。

マヤの叡知を飲んでみたいという方はこちらよりお申し込み下さい。

アルケミーエッセンス「マヤの叡知」お申し込みはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました