九星気学の月命鑑定で男の子を授かりやすいか女の子を授かりやすいか見分ける方法

子供を授かる方法/男女の産み分け方法

こんにちは。

小野晄子です。

 

今回は気学における

「月命鑑定」

という手法をご紹介します。

(こちらの手法は気学の上級講座で勉強する内容となりますが一部公開します。)

 

九星気学が好きな方や勉強中の方

また、赤ちゃんをこれから授かりたいという方など

参考にされてみてください。

 

九星気学通信講座のご案内はこちらです

 

月命鑑定はどんな時に使う?

月命というのは、

身体を表す星であるため

身体的な特徴を見たりするのに月命鑑定は活用できます。

 

たとえば

子供を授かった時に

 

男の子が生まれやすいか

女の子が生まれやすいか?

 

ということも月命鑑定によってある程度見分けていくことができます。

 

九星気学通信講座のご案内はこちらです

 

月命鑑定で生まれてくる赤ちゃんの男女を見分ける方法

ステップ1 月命盤を開く

月命鑑定を行うには、

まず「月命盤」というものを作成します。

 

月命盤とは、月命星を中宮(中心)に置いて作成した遁甲盤のことです。

 

例えば、

月命一白水星の方であれば、

下記のような盤が月命盤となります。

 

 

ステップ2  月命盤で本命星がどこに乗っているかを見る

月命盤を開いた時に、

本命星がどこの上に乗っているかを見ます。

 

例えば

本命星が三碧木星の方であれば

兌宮にいます。(後天定位七赤金星の上に三碧木星が乗っています。)

 

 

ステップ3 本命が乗る後天定位の星が女星か男星か?

次に、

後天定位の七赤金星が女星か男星かを確認します。

 

七赤金星は女星です。

 

 

 

ステップ4 月命盤における最大吉方の位置を見る

次に、月命盤において

最大吉方の位置を確認します。

 

本命三碧木星 月命一白水星

の方であれば最大吉方は四緑木星です。

 

四緑木星の星は、

艮宮にいます。

 

 

ステップ5 最大吉方が乗る後天定位の星は男星か女星か?

ステップ4で最大吉方は艮宮にいました。(後天定位八白土星)

八白土星は男星です。

 

 

ステップ6  ステップ3と5を比較

ステップ3で、本命が乗るのは七赤金星で女星

ステップ5で最大吉方が乗るのは八白土星で男星でした。

 

七赤金星には次女の意味があり

八白土星には三男の意味があります。

 

そうするとこの方の場合、

男の子を授かる可能性も女の子を授かる可能性もありますが

女の子が先に生まれる可能性が高いとして見ます。

 

また、ご主人の星も合わせて見ていく必要があるので

同じ上記のステップ1〜5をご主人の星でも行い、

ご主人の星では男の子と女の子、

どちらが生まれやすいかを鑑定します。

 

 

奥さんの星とご主人の星を総合的に合わせてみることで

女の子を授かりやすいか、男の子を授かりやすいか、

またその順番というのが見えてきます。

 

しかし、女の子を授かりやすいけれど男の子が欲しいとか

その逆パターンもあると思います。

 

その時には、

気学における産み分け方法を実践して頂くと

男女の産み分けもしやすくなると言われています。

 

 

以上、今回は簡単にですが

気学における月命鑑定の手法を一部公開しました。

 

詳しく勉強したいという方は講座を行なっていますので

お問い合わせくださいませ。

 

九星気学個人レッスンはこちらです

九星気学通信講座のご案内はこちらです

 

またお子さんを授かりたいという方へ、

鑑定も行なっておりますのでご相談ください。

鑑定のご依頼はこちらです

お問い合わせはこちらです

コメント

タイトルとURLをコピーしました