土用期間の旅行や引っ越しはOK?買い物は?運気アップする土用期間の過ごし方

九星気学の開運法

こんにちは!

小野晄子(おのあきこ)です。

 

あなたは、「土用」(どよう)というと、

「夏」のイメージを持っていませんか?

 

「土用の丑の日?うなぎを食べる日でしょ?」

と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね!

 

実は「土用」(どよう)は、夏だけでなく、

春、夏、秋、冬と年4回、

1年に72日間あるのをご存知でしょうか?

 

この年に4回ある「土用期間」ですが、

宇宙に普段とは異なるパワーが満ち溢れる時期となります・

 

今回は、年に4回ある「土用」(どよう)について、

運気アップするための過ごし方のコツや土用の活用法などをご紹介しますね。

 

土用期間を上手に過ごしたいという方は参考にしてみてください!

 

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

 

 

youtubeでご覧になりたい方は下をクリックして下さい。

youtubeで開運情報を配信しています。良かったらチャンネル登録をお願いします!

 

土用期間の旅行や引っ越しはOK?買い物は?運気アップする土用期間の過ごし方

 

土用にウナギを食べると良いは本当?

土用の丑の日にウナギを食べるという方は多いのではないでしょうか?

 

スーパーには鰻がズラーッと並び、

土用の丑の日だからウナギを食べよう!と宣伝が行われます。

 

実際に、鰻を食べると体力がついたり、

なんだか良いことがありそうな気がしてしまいますよね笑

 

でも実は、「土用の丑の日に鰻を食べる」というのはまったく根拠がない話です。

 

土用の丑の日に鰻を食べると良いという話は、

江戸時代にウナギ屋さんがウナギを売るために作った話です。

 

土用の丑の日だからといって、

揃ってウナギを食べるのは

意味がない習慣と言えるでしょう。

 

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

 

土用期間とはいつのこと?

土用は「夏」と思われている方も中にはいらっしゃるかもしれないのですが、

実際には「土用」は、

春、夏、秋、冬のそれぞれの四季の移り変わりの間の時期のことを指します。

 

1回の土用期間は約18日間で、年に4回ありますので、

18日×4回=年間72日間は土用期間ということになります。

 

けっこうたくさんありますよね〜・・

 

年4回の土用は、それぞれ、

春土用、夏土用、秋土用、冬土用と言われ、時期も毎年ほぼ同じとなります。

 

春土用:4月(4月末〜立夏までの18日間)
夏土用:7月(7月末〜立秋までの18日間) 
秋土用:10月(10月末〜立冬までの18日間)
冬土用:1月(1月末〜立春までの18日間)

 

2018年では

春土用:4月17日〜5月4日
夏土用:7月20日〜8月6日
秋土用:10月20日〜11月6日
冬土用:1月17日〜2月3日(2019年)

となります。

 

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

 

土用期間は宇宙の気が切り替わるとき

土用の期間は、立春、立夏、立秋、立冬の

それぞれ前の約18日間となります。

 

ちょうど季節の変わり目にあたり、

宇宙のパワー(気)が切り替わる時となります。

 

宇宙の気が渦を巻いて切り替わっていく時期なので、

世の中も混乱しやすいということが言われ、

実際世界の重要な出来事もこの土用期間に起きやすかったりします。

 

季節の変わり目になると風邪を引きやすかったり、

体調を崩しやすい、という方も多いかもしれません。

 

実際季節の変わり目にあたる土用期間は、

疲れが出やすくなったり、

体調の変化も起きやすい時期になります。

 

この期間は、あまり無理をせずゆっくり身体を労わり、

しっかり休みを取りたい時です。

 

・夜は早めに就寝する

・身体を労わり、ゆっくり休むことを心がける

・リラックスタイムを設ける

・デトックスもおすすめ

・健康に気を配る

 

などを意識すると土用期間も元気に過ごしやすくなります!

 

普段の疲れが出やすい時期なので、

ゆったり過ごすことを意識してみてください♪

 

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

土用期間は土いじりはしない方がおすすめ

土用というのは、

「土を用いる」と書いて土用(どよう)と読みます。

 

「土を用いる」というのは、

神様が土を用いるという意味になります。

 

神さまが土を用いる時期なので、

私たち人間は土を用いない方が良いと言われています。

 

つまり、土を触ったり、土いじりをするのはなるべく避けた方が良い期間となります。

 

これは昔からの知恵で、

昔の人も土用期間は農作業を休んで田畑を休ませていました。

だからお祭りは土用期間に集中していたりします。

 

土用は、宇宙全体に「土」のパワーが強く満ち溢れる期間でもあります。

土の気が強くなるので、

土をさわると土の気が過剰になってしまいます。

 

できれば土用期間に鉢植えの植え替えをしたり、

草むしりをしたりは控える方がおすすめです。

 

どうしても土いじりをする場合には、

土用期間中でも、

間日(まび)と言われ、この日なら土をさわってもいいですよ、

と言われている日があります。

 

土用期間に土いじりをする場合、

間日を選んで土を触るようにすると良いです。

 

間日は、カレンダーの毎日の十二支をチェックしましょう。

 

春土用・・・巳・午・酉

夏土用・・・卯・辰・申

秋土用・・・未・酉・亥

冬土用・・・寅・卯・巳

 

以上が土用期間中の間日(まび)となります。

 

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

 

土用期間中、家の増築・改築工事はできれば避けたい

お仕事の方は仕方ありませんが、自分の家の増改築も、

土を触るということになるので、

きれば土用期間が明けてからスタートした方が、おすすめです!

 

土用期間は神さまや自然が土を用いるとき。

人間は土を地面の神様へ返しておく時期なんです。

 

もし止むを得ず家の増改築をする場合には、

工事がはじまる前に田畑の神様に祈って、

塩水で口をゆすぎ、手を洗います。

 

家の前で工事が始まったら、

自分の身を正して謙虚な気持ちで過ごしてくださいね!

 

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

 

大きな決断や契約は土用期間が明けてからにしよう

土用期間中は揉めることも多いですし、

自分から無理に物事を進めない方が良い期間とはなります。

 

なので、できれば大きな決断や契約は土用期間が過ぎるのを待って、

土用期間が明けてから決断・契約した方がすっきり決められますし、

順調に運びやすくなると思います。

 

なにか大きな決断をしないといけない時が土用期間だったら、

少し保留にして土用が明けるまで待つのも良いですし、

または自分の意見や我を通すより、

人の意見を聞いて従うと上手くいきやすくなります。

 

土用期間にお引っ越しをして良いですか?とか旅行をしても良いですか?

お買い物をしても良いですか?という質問を頂くことがあります。

 

基本的には、積極的に動くよりは

ゆっくり過ごす方がおすすめの時期ではあります。

けれど、お引っ越しや旅行自体をしてはいけない!

ということはありません。

 

行きたかったら気持ちを優先させて行くようにしましょう♪

 

ただし土用期間に発生する土用殺方位というものがあるので、

気学を意識される方は土用殺への旅行は避けるか、

土用殺方位へ行く場合には、

お腹を壊しやすかったりするので常備薬などを持参しましょう。

 

お引っ越しもしてOKですが、

お引っ越しの契約や、

引っ越しするのを決める時期は土用が明けてからの方が良いです。

 

お買い物は、不動産などの余程高額なお買い物の決定でなければ

通常通りで大丈夫ですし、

病院への通院なども普段通りで大丈夫です。

 

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

土用殺方位とは?

こちらは風水気学の方位学を意識して

運気アップの実践をされている方のみ、

活用していただければと思います。

 

土用期間には、

土用期間限定の凶方位というものがあります。

 

これを「土用殺方位」(どようさつほうい)といいます。

 

土用殺は、五黄殺とまったく一緒の性質の凶方位で、

行くと、お腹を壊したり、体調を崩しやすくなったり、

イライラしやすくなったりすることがあります。

 

止むを得ず行く場合には常備薬などを持参したり、

イライラしない、怒りっぽくならない、

喧嘩にならないように注意する!などを意識すると良いです。

 

4月の春土用は辰の方位(東南東30度)
 
7月の夏土用は未の方位(南南西30度)
 
10月の秋土用は戌の方位(西北西30度)
 
1月の冬土用は丑の方位(東北東30度)

 

上記の方位のみ、

土用殺(どようさつ)方位になります。

 

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

 

恵方参りへ行くのもおすすめの時期

恵方参り(えほうまいり)とは、

その年の「恵方」(えほう)と言われる方位の

神社や仏閣へお参りにいく習わしのことです。

 

恵方参りへ行くと、チャンスが見抜けるようになり、

チャンスを掴めるようになると言われています。

 

★参考文章
恵方参りでチャンスを掴みたい方はこちらの記事をおよみください。
チャンスを掴める人になる恵方参りの3つの方法

 

恵方参りはいつ行っても良いのですが、

特に立春・立夏・立秋・立冬やその前後に行くと良いとされています。

 

ですので土用が明ける前や明けてからすぐに恵方参りへ行くと開運につながります!

 

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

 

土用期間を上手に過ごして運気アップしよう

土用期間は身体的に疲れが出やすくなるだけでなく、

精神面にも作用が出ますので、落ち込みやすくなったり、

元気が出ない、やる気が起きない、気分がだるい、憂鬱になる・・・ということもあるかもしれません。

 

けれども土用期間がわかっていれば、

対策もできますし、

「土用期間だから仕方ないよね」と前向きに考えることができると思います。

 

土用期間は宇宙の気の切り替わるタイミングだからこそ、

新しい季節を迎えるにあたって、

準備をする期間とも言えます。

 

気持ち良く新しい季節を迎えるためにも、

土用期間中はしっかりと体力・精神面のリチャージをするように心がけてくださいね!

リラックス&リフレッシュを心がけることで、

土用期間も上手に過ごすことができますし、運気アップにもなります!

 

あなたも運気を上げる九星気学を学んでみませんか?

運気アップする気学風水通信講座のご案内はこちら

 

※講座や鑑定に関するお問い合わせや、その他のご質問につきましては
こちらからお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました