最上方位(最上吉方)とは?環境でわかる運勢と未来

九星気学を学ぶ

こんにちは。

小野晄子です。

5/30より、九星気学上級講座2回目をリリース致します。

今回、お伝えするのは、「最上方位」(最上吉方)という内容です。

九星気学は、正式名称を「九星気学風水」と言いますが、風水の考え方も気学の一部です。

「最上方位」は、風水の考え方の一部となります。

最上方位(最上吉方)とは何か

九星気学では、方位のパワーを活用して開運していく事ができます。

引っ越しや旅行、日盤吉方など、移動による運気アップの効果を実感されている方はとても多いと思いのではないでしょうか。

通常、移動では自宅から750m以上離れる事によって、方位のパワーが効いてきます。

それに対し、風水で扱うのは、自宅から750m以内の範囲という事になります。

自宅周辺の東西南北の地形の吉凶を見る、四神思想なども、750m以内で見ますが、「最上吉方」も、自宅から750m以内の範囲を見ます。

最上方位(最上吉方)によってわかる事

最上方位では、自宅を中心として、750m以内、八方位それぞれに、どんなお店や建物があるか?という事を見て行きます。

自宅から見て、どこの方位に、どんな建物があるかを見れば、運勢がわかるのです。

引っ越しして75日以内は、移動による方位のパワーよりも、最上吉方のパワーの方が強く効いてきます。

運勢と未来を読み解く最上方位

現在の住まいに既に3年以上住んでいる場合には、自宅周辺に、新しく出来てオープンしたお店や建物、また、反対に閉店になってしまったお店や建物から、運勢や未来を読み解く事ができます。

例えば、自宅から見て北方位にパチンコ屋さんが新しくオープンしたら、「長年、悩んできた悩みが解決するな」という事がわかります。

自宅から北西方位の整骨院が潰れたら、「今来ている仕事の話には乗らないほうが良いな」という事がわかります。

これはほんの一例ですが、このように、自宅の周辺環境の動きを見る事で、今後の運勢や未来がわかるのが最上方位。

最上方位を活用すれば、運気が上昇するサインを見抜いたり、運気を良くするための対策を立てていく事ができるのです。

九星気学オンラインプログラム上級受講ご希望の方はこちらよりお申し込み下さい

最上方位と易

最上方位を活用するにあたって、欠かせないのが易です。

易というと、「難しそう!!」というイメージをお持ちの方が多いと思いますが、易を知っていると、未来を予測したり、行動の指針を立てたりと開運のために様々な活用ができます。

今回、九星気学上級講座2話では、易の基本的な見方についても解説していきます。

易に興味がある方にもおすすめの講座です。

最上方位がわかると環境を見るのが楽しくなる!

最上方位の概念を知っておくと、自宅の周りの環境の変化に敏感になり、環境を見るのが楽しくなると思います。

ただ未来を予測するのではなく、どんな行動を取れば良いか?というサインを受け取る事ができますので、もちろん開運にも繋がって行きます。

気学上級講座受講ご希望の方へ

九星気学を学びたい方や、最上吉方について学びたいという方へ、動画講座を開催しております。

星の象意や八卦など基本的なことを学ばれている方は、上級講座から単発受講して頂く事も可能です。

お申し込みの方には動画講座とテキストをお送り致します。

九星気学を基礎からしっかり学びたい方は下記講座のご案内をご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました