生まれて来た意味を知る方法!?天命と使命、宿命と運命の違いとは?

幸せになる心構え

こんにちは。

小野晄子です。

 

「自分は一体、何のために生まれて来たのだろうか」

「この仕事は、本当にやりたい事からかけ離れているような気がする・・」

 

などなど、

ふと、

 

「生きる意味」

「自分が本当にやりたいこと」

「自分の役割」

 

などについて考える事、

悩む事がある、

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

「命」の意味を考える時には

 

・天命

・使命

・宿命

・運命

 

という4つの種類の「命」について知ると

理解が深まります。

 

 

今回は、

九星気学の考え方をベースとしながら

「宿命、運命、使命、天命」

という4つの命の種類と違いについて解説していきます。

 

生まれて来た意味を知りたいという方や

自分の命を活かしたい、という方は

参考になる部分もあるかもしれませんので

お読みになってみて下さいね!

 

動画で学ぶ九星気学通信講座はこちらです

 

宿命とは

まず、

「宿命とは何か?」

という話をします。

 

宿命というのは、

女性として生まれた、とか

生まれつき肺が弱いとか

医者の家系に生まれた

 

というような

自分の力では変えられない、

生まれつき決まっている性質や体質や運などを言います。

 

 

これは、

生まれつき決まっているものなので

自分の力では変えることは出来ません。

 

「もっと足が長かったら良かったのに」

「〇〇の才能が欲しかったなぁ・・」

「金持ちの家に生まれれば良かったのに」

 

などなど、

宿命については

私たちは、

普段不満を感じてしまうのが普通です。

 

しかし占いやスピリチュアルの世界では、

「自分が宿命を選んだ」

と言われます。

 

 

生まれる前に

「私はこんなハンディキャップを背負って、

それを乗り越える事を人生の課題とします!」

 

というような感じで、

自分で自分にクリアするべき課題を課して

生まれてくるという事ですね。

 

宿命については、

九星気学を始め、

算命学や四柱推命など

 

占いを使うとある程度、

読み解いていく事も可能です。

 

別の言葉では「先天運」(せんてんうん)とも言います。

 

動画で学ぶ九星気学通信講座はこちらです

 

運命とは

それでは、

「運命」とは何でしょうか?

 

運命、というと

「あらかじめ定められた未来」

というイメージかもしれません。

 

 

「私は彼と出会う運命だった」

「○歳で死ぬ運命だ」

 

というような感じで言葉を使いますよね。

 

 

しかし実際のところ、

「運命」というのは、

本当にあらかじめ定められているものなのでしょうか?

 

運命が決まっているとしたら

未来は変える事が出来ないのでしょうか?

 

 

占いやスピリチュアルの世界では

「運命」に関しては自分で変えられるものだと考えます。

もちろん、未来も自分の力で変える事が可能です。

 

ただし

あらかじめ大まかには、

「大体、こんな感じの人生」

という設計図のようなものを

生まれる前に自分で決めてくるという事も言われています。

 

 

大まかな設計図はあるけど、

設計図は後から変えられるし、

運命は自分で決める事ができる、

という事ですね。

 

 

実際、「運」という文字は

「車」という文字が使われています。

 

「運命」というのは、

命を運ぶ車のようなものなんですね。

 

大まかなレールはあるけど、

車を実際にどう走らせるかは

自分次第、

というのが

 

九星気学や占いの世界での

「運命」

の考え方です。

 

動画で学ぶ九星気学通信講座はこちらです

 

使命とは

「使命」=生まれて来た意味

という感じで言葉が使われる事もありますが

 

使命というのは

「命を使う」

と書いて使命です。

 

 

使命というのは、

その場所やその時々に応じて、

与えられる役割のことを言います。

 

 

「母である」

「会社の課長である」

「長女である」

「PTAの役員である」

 

みたいな、感じです。

 

使命は、

自分が果たすべき役割ですので

その時々で変わっていきます。

 

ただし、

使命を天命と同じ意味で使う場合もありますので

次に天命の意味を解説します。

 

動画で学ぶ九星気学通信講座はこちらです

 

天命とは

「天から与えられた命」

と書いて

「天命」

と書きます。

 

天命というのは、

天から与えられている役割の事を言います。

 

「生まれて来た意味」

とも近いものがあるかもしれません。

 

天命についても、

「私は地上でこういう事をお役目として果たして来ます」

と生まれる前に

自分が天と約束して来たもの、

と考える事が出来ますが

 

生まれてくる時に

いったん忘れてしまうので、

なかなか自分で見つける事が出来ません。

 

「天命が知りたいです」

という方もいらっしゃるかもしれませんが

 

これはすぐに安易に見つかるものではなく

人生の中で、

使命をしっかり果たしていく事で

徐々に見えてくるものだと言われています。

 

 

天命というのは、

「私はパイロットの仕事が天命です」

「飲食店の店長の仕事が天命です」

というような職業的な感じではなくて、

 

 

「他者や世界に対して、どんな貢献をするのか」

という感じのもっと抽象的なイメージのものになります。

 

 

人生の中で、

自分自身が見つけていくものになりますが

宿命や使命をしっかり見つめていく事が

天命に近づくコツにもなっていきます。

 

というわけで

今回は、

占いや九星気学の考え方をベースとして

 

運命・使命・宿命・天命

 

という4つの命の種類と違いについて解説しました。

 

 

1つの物の見方として

「こういう考え方もあるかも」

という感じで参考にしてみて頂けたらと思います。

 

 

ちなみに九星気学は、

 

・宿命を知る

・そして運命を良くして変えていく、

・使命を果たしやすくして

・天命を見つけるヒントをくれる

 

という教えでもあります。

 

命をもっと活かして天命に近付きたいという方や

とにかく「運」(運命)を良い方向へ変えていきたい

という方は九星気学を学んでみて下さいね。

 

動画で学ぶ九星気学通信講座はこちらです

九星気学個人レッスンはこちらです

コメント

タイトルとURLをコピーしました