日破、月破、歳破とはなに?意味や見方を徹底解説します!

九星気学の凶方位

こんにちは。

小野晄子です。

 

方位を使った

お出かけや旅行などの開運法を実践されているあなたへ。

 

遁甲盤に

「日破」とか「月破」

という記載があるのを見て

 

「これは一体なに・・・?」

と疑問を感じることがあるかもしれません。

 

今回は、

「日破」「月破」「歳破」

の意味や見方について解説します。

 

方位を使った開運法をさらに活用したい方は

参考にしてみて下さいね。

 

九星気学をオンラインで学んでみませんか?通信講座のご案内はこちらです

日破・月破・歳破とは?読み方と違い

 

日破は、

「にっぱ」

と読みます。

 

月破は、

「げっぱ」

と読みます。

 

歳破は、

「さいは」

と読みます。

 

日破、月破、歳破

というのは

 

それぞれ

「破壊殺」(はかいさつ)

と呼ばれる凶方位の事です。

 

3つとも、

同じ破壊殺という凶方位なのですが

 

年ごとに変わる「年盤」

月ごとに変わる「月盤」

日ごとに変わる「日盤」

 

この3つのうち

どの盤に破壊殺がついているかにより

呼び方が変わります。

 

年盤の破壊殺であれば

「歳破」

 

月盤の破壊殺であれば

「月破」

 

日盤の破壊殺を

「日破」

 

と呼びます。

 

ちなみに

時刻盤の破壊殺である

「時破」(じは)

というものもあります。

 

九星気学をオンラインで学んでみませんか?通信講座のご案内はこちらです

 

破壊殺とはどんな凶方位?凶作用は?

五大凶方とか、

七大凶方という言い方があり

凶方位にはいくつか種類がありますが

 

破壊殺もそんな凶方位の1つ。

 

破壊殺というのは

その名の通り

「破壊」

という意味がある凶方位です。

 

「目的が破壊される」

という意味があるので

 

破壊殺へ行くと

思うように目的を達成しにくい事が多いです。

 

日破であれば

例えば

「約束をしていた相手が来れなくなってしまい予定がキャンセルになってしまった」

「電車が遅れて予定の時間に間に合わなかった」

 

というような感じです。

 

お引っ越しで

歳破などを取ると

 

「婚約破棄」

「破談」

 

など

「破れ」の作用が強く出るので

気をつけたいと言われています。

 

九星気学をオンラインで学んでみませんか?通信講座のご案内はこちらです

破壊殺の見方

遁甲盤を見たときに

「破」

と書いてある場所が

破壊殺となります。

 

例えば、

下記のような遁甲盤であれば

西が破壊殺というように見ます。

 

 

注意したいのは

破壊殺は30度で見ます。

 

アプリやインターネットのサイトによっては

あたかも60度が全て破壊殺の凶方位のように載っていることもありますが

実際には30度です。

 

例えば

東南の半分、東南東30度に破壊殺が巡っている場合

東南の残り半分の南南東30度は破壊殺になりません。

 

吉の星が巡っていれば

吉方で取ることも可能です。

 

気学手帳を入手すれば

破壊殺が30度で掲載されていますので

 

正確に破壊殺を知りたい場合には

アプリやネットのサイトではなく

手帳を確認するようにしましょう。

 

九星気学をオンラインで学んでみませんか?通信講座のご案内はこちらです

破壊殺へ行く時の対策は?

日破や月破の方位に移動する場合には

 

「目標が達成しにくいかも」

 

とあらかじめ覚悟しておけば

慌てずに済みます。

 

予定外の事が起こっても

慌てたりジタバタしたりせず

目標を見失わないように行動すれば大丈夫です。

 

心構えを持つ事で

凶作用を受けにくくなります。

 

 

以上、

今回は

「日破」「月破」「歳破」という

3種類の破壊殺について解説しました。

 

参考にしてみて下さいね。

 

九星気学をオンラインで学んでみませんか?通信講座のご案内はこちらです

コメント

タイトルとURLをコピーしました