幸せが続く入籍日の選び方は?おしどり夫婦になる秘訣

開運方法

こんにちは。小野晄子(おのあきこ)です。

さて、これから結婚を控えている方へ。

入籍日や結婚式の日取りを選ぶにあたって、慎重になると思いますし、どの日にしようか迷ってしまうのではないでしょうか?

20080224132341

 

 

 

 

 

日取りはあまり気にしない、という方や、語呂合わせで覚えやすい日にしよう!という方もいらっしゃると思うのですが、せっかくなら、幸せがずっと長続きするような吉日や、縁起の良い日を選びたいですよね。

また縁起が悪いと言われている日取りや悪い意味合いがある日にちはできれば避けたい、と思うのではないでしょうか。

九星気学では、幸せが長続きする入籍におすすめの日取りがあるという事が言われています。

この日に入籍をする事で、愛が長続きしやすくなったり、幸せが続く、2人の関係性が発展していく・・という意味が出てきます。

もし幸せが長続きする「特別な日」や「とても縁起が良い日」があるとしたら知るだけでも知りたくないですか?

今回は、特別に、九星気学において「発展の日取り」とも言われている縁起の良い日にちの選び方をシェアします。

幸せが長続きする最良の日に入籍をして幸せなスタートを切りたいという方はお読みになってみて下さいね。

幸せが長続きする最良の日取りの鑑定のご依頼はこちらから

大安にするのが無難・・・?

なんとなく「大安の日にしておこう」と考える方は多いのではないでしょうか。

またはインターネットで吉日を調べて決める・・という方もいらっしゃるかもしれません。

良く言われる吉日は、六曜における「大安」とか、「天赦日」(てんしゃび)というような日です。

天赦日」は日本の暦上で最上の日とされており、結婚や何かを始めるのに良い日とされていますので、入籍日を天赦日に合わせるのは良いと思います。

しかし天赦日は、1年に5回~6回しかないため、少しチャンスが少ないのが残念ですね。

縁起をかついで「大安」の日を選ぶのも悪くはないのですが、実は大安を選ぶのにあまり意味がないとも言われています。

ここでは、「大安」や「天赦日」よりもさらにおススメのとっておきの「スペシャルな日取りの選び方」をお伝えいたしますね!

幸せが長続きする最良の日取りの鑑定のご依頼はこちらから

宇宙からの後押しが入る特別な日がある

その日からスタートを切ることで、宇宙の力に後押ししてもらうことができ、ものごとが進展、発展し長く長く続くというスペシャルな日があります。

これは九星気学という古代数千年も前から開運の学問と知られている考え方に基づくものです。

この「物事が発展するスペシャルな日」は、人それぞれ生まれた年によって変わってきます。

天赦日は、全員に共通する日取りですが、この発展の日取りは、生年月日から鑑定していく必要があります。

しかし天赦日などと比べてもチャンスが多いので日取りを選びやすいということもありとてもオススメです。

パートナーの方と、自分自身の発展の日取りが異なるという場合には、どちらかの発展の日取りに合わせる事で発展の作用が得られます。

この日に何かをスタートすると、通常以上に大きな結果を得られたり、物事が軌道に乗って発展したり、物事や幸せが長続きする、ということがわかっていますので、風水師や気学鑑定士が企業をコンサルする時にも使います。

実は大手企業も商品の発売日やプロモーションのスタートにこの発展の日取りを活用している事が多々あります。

幸せが長続きする最良の日取りの鑑定のご依頼はこちらから

入籍におすすめ!「線路の日」の見方

それでは、この発展の日取りの選び方を特別にシェアします。

ステップ 1

まず、生年月日から、ご自身とパートナーの方の本命星という星を出しましょう。

本命星がわからない方は下記を参照して下さいね。

九星気学の本命星がすぐわかる年齢早見表を公開!
九星気学の自分や家族などの本命星がわからないという方へ。生まれ年から3秒で本命星をチェックできる年齢早見表を公開しています!

ステップ 2

本命星がわかったら、次に「十二支」がわかるカレンダーを用意して下さい。

年に十二支があるのは皆さんご存知でしょうが、日にちにも十二支があるんですよ。

発展の日取りは本命星によって、下記のように変わってきます。

本命星が一白水星・四緑木星・七赤金星の方

本命星が一白水星・四緑木星・七赤金星の方は、カレンダーにおいて、

  • 子・卯・午・酉

いずれかの日取りを選ぶと発展の日取りとなります。

本命星が二黒土星・五黄土星・八白土星の方

本命星が二黒土星・五黄土星・八白土星の方は、カレンダーにおいて、

  • 寅・巳・申・亥

いずれかの日取りを選ぶと発展の日取りとなります。

本命星が三碧木星・六白金星・九紫火星の方

本命星が三碧木星・六白金星・九紫火星の方は、カレンダーにおいて、

  • 丑・辰・未・戌

いずれかの日取りを選ぶと発展の日取りとなります。

以上が発展の日取りの選び方となります。

私自身も、長く続かせたい物事は「この発展の日取り」を意識してスタートさせていますし自分自身の入籍にも用いました。

この日から物事を始めると、確かに意識しないでスタートさせた場合と関わり方が全く変わってきます。

物事が長く続き、良い方向に発展していきます。

入籍日として選んだ場合には、2人の関係性が長続きする意味や、発展していく意味合い、幸せや愛が続く意味も出てきますよ。

みなさんもぜひ、大切な入籍日は、「この発展の日取り」を意識してみてください!

ちなみに、日にちだけをしっかり選ぶのでも良いですが、入籍の場合には、「月」もきちんと見た方が吉の効果が大きくなりますのでおすすめです。(可能であれば年もみます)

月まで見た場合、チャンスは3ヶ月に1度巡ってきます。

もしあなたが、幸せが長続きするベストな日取りを入籍日に選びたい、という場合、上記を参考にして頂ければと思いますが、迷ってしまう方やさらにしっかりと日取りを選びたいという場合には、六曜なども考慮しながらベストな日取りを鑑定、アドバイスさせて頂いておりますのでご相談下さい。

鑑定についてのお問い合わせはこちらから

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました