仕事の営業成績を上げるための風水テクニックとは?

九星気学

こんにちは。小野晄子です。

「仕事の営業成績を上げたい!」という方もいらっしゃると思います。

営業の仕事をされているあなたにとっては、「営業成績を上げる」ということは、仕事の評価にも直結しますし、信用面や金銭面でもとても大事な事だと思います。

しかし、

  • なかなか売上が上がらない
  • お客さんが増えない
  • 人脈が増えない
  • 紹介が出ない

などなど悩まれることもあるのではないでしょうか。

今回はそんな営業職のお仕事をされているあなたのために、仕事の営業成績を上げるための風水テクニックを特別に公開します。

風水というと「効果あるのか」と疑わしく思われる方も多いかもしれませんが、会社のトップや成功されている方や一流の方ほど、目に見えないことを重視されますし、風水や気学を取り入れている方も大変多くいらっしゃいます。

風水というとお金がかかるイメージもあるかもしれませんが、今回は予算をかけずに営業成績を伸ばす方法をシェアしたいと思います。

日盤吉方など九星気学の開運法を1ヶ月で学べる気学通信講座はこちらです

営業成績を上げるには同会カラーを活用せよ

風水において、「同会」(どうかい)と呼ばれる星があります。

この星は、自分のご縁を広げてくれたり、環境を広げてくれる意味のある星でもあります。

同会の星は、生まれ年と生まれ月によって皆さん異なりますので、下記ページよりまずはご自身の同会の星が何か、調べておいて下さいね。

九星気学における同会星の出し方簡単な4ステップと早見表
九星気学における同会星の出し方を知りたいという方へ。同会星の出し方を簡単な4ステップに分けて解説しています。

同会の星がわかったら、各同会の星が担当するカラーを下記よりチェックしてみて下さい。

自分の同会の星が担当するカラーというのは、自分のご縁を広げてくれる意味を持つ色でもあります。

例えばお店をされている方なら、お店の内装に同会のカラーを取り入れるのがおすすめですし、ファッションにどこか1点、同会のカラーを取り入れるだけでも、ご縁が広がりやすくなる意味がありますよ。

同会の星
一白水星白・黒・グレー
二黒土星茶色・こげ茶
三碧木星
四緑木星
五黄土星茶色・黄色
六白金星ゴールド・シルバー
七赤金星オレンジ・ピンク
八白土星ベージュ・アイボリー
九紫火星赤・紫

上記を取り入れてみて下さいね!

同会の食べ物を活用で人脈が広がりやすくなる

同会の星が担当する食べ物を意識することもおすすめです。

例えば接待の時やお客さんとの食事会など、仕事の場面で食事をする事があれば、同会の食べ物を取り入れてみましょう。

同会の星食べ物
一白水星豆腐・寿司・マカロニ・日本酒
二黒土星鍋料理・パン・豆類
三碧木星野菜・緑茶
四緑木星香味野菜・パスタ・そば
五黄土星ヨーグルト・チーズ・味噌
六白金星豚肉・高級な料理
七赤金星鶏肉・辛い料理
八白土星竹の子・じゃがいも・牛肉
九紫火星アボカド・トマト・ブラックコーヒー

キーパーソンを探せ!

自分の同会の星を本命星に持っている人は「キーパーソン」になります。

あなたのご縁を広げてくれる人になりますので、キーパーソンを意識してみましょう。

キーパーソンについて詳しくは下記記事でも紹介しています。

九星気学の同会とは?同会を活用して人脈やご縁を広げる方法
九星気学における同会とは?同会の星を活用して人脈を広げたりご縁を広げビジネス運アップする方法をご紹介します。

気学風水の開運テクニック!「日盤吉方」とは?

「日盤吉方」(ひばんきっぽう)という九星気学の開運方法を実践するのもおすすめです。

毎日の中で、積極的に良い方位=吉方位を取って行くことで運気アップが可能となります。

3ヶ月くらい、続けて日盤吉方を取ってみて下さい。

営業成績に差が出てくるのを感じられると思います。

日盤吉方の方法は下記記事でも詳しく解説していますのでご覧下さい。

日盤吉方とは何?方法は?やり方と5つのルールを公開
日盤吉方について興味をお持ちの方に向けて、日盤吉方とは何か、方法ややり方、5つのルールについて紹介しています。

日盤吉方など九星気学の開運法を1ヶ月で学べる気学通信講座はこちらです

以上、今回はすぐに取り入れられる営業成績アップの風水テクニックを紹介しました。

ここでは紹介しきれませんが、他にも様々な運気アップの方法や仕事運を上げる方法があります。

九星気学風水は、知識を身に付けて頂く事が1番効果を実感できる近道です。

気学の講座を開催しておりますので興味のある方は下記ご案内をご覧下さい。

日盤吉方など九星気学の開運法を1ヶ月で学べる気学通信講座はこちらです

コメント

タイトルとURLをコピーしました