起業でビジネスネームを使うメリットと3つのデメリットとは

ビジネスネーム

こんにちは。小野晄子です。

これから起業するという方や、ブログなどで情報発信をスタートします!というあなたへ。

今回は、「起業でビジネスネームを使うメリットとデメリット」についてシェアします。

起業にあたって、「ビジネスネームを作ろうか?」と迷っている方もいらっしゃると思いますので、参考にされてみてください。

開運ビジネスネームのご相談・選名のご依頼はこちら

起業でビジネスネームを使うメリット

1 個人情報の問題と漏洩リスク管理

SNSやブログを使うのが当たり前になったこの時代に、本名でビジネスをする事にはメリットもあればデメリットもあります。

本名でビジネスをする場合、プライベートでの個人情報漏洩が心配という方も多いのではないでしょうか。

家族や親族のことなどを含め、プライベートでの個人情報の漏洩により悪用される事がないとは言い切れません。

個人情報の漏洩が心配・・という場合には、ビジネスネームを作るということはリスク管理にも繋がります。

最近では、業種によっては、社員にビジネスネームの使用が規約付けられている場合もあるようです。

個人起業家が増えている反面、SNSなどで個人情報が簡単に調べられてしまい、家族や交友関係などもすぐにわかるような時代です。

リスク管理の1つとしてビジネスネームの使用はもはや当たり前にもなってきているのかもしれません。

開運ビジネスネームの選名のご案内はこちらです

2ビジネスとプライベートの使い分けが可能

起業する場合に、起業自体や仕事内容などを一部の人には知られたくないということもあると思います。

例えば、会社員の方で副業として活動をされる場合。

会社には知られては困るとか、知られたくないという事もあるかもしれません。

また例えば、親戚にはあまり知られたくない・・など、一部の人には知られたくないという場合もあるかもしれません。

ビジネスネームを作って活動をする事により、プライベートとビジネスをしっかり分ける事が可能となります。

副業をされている方やある特定の人に活動内容を知られたくないというような場合にはビジネスネームを使うというのは良い方法だと思います。

開運ビジネスネームの選名のご案内はこちらです

3イメージチェンジになる

お名前を変えると自分自身の気持ちも変わりますしセルフイメージも変わります。

また周囲からの印象も変わるはずです。

セカンドネームを持つ事で新しい自分になって新しい気持ちで物事をスタートする事ができると言えるでしょう。

実際に、セカンドネームを作る方の中には、第二の人生をスタートしたいとか、

これまでの自分を変えたいという方がとても多くいらっしゃいます。

また名前を新しく作る事で気持ちが切り替わり、「やる気が湧いてきた」「自信が湧いてきた」「ビジネスをする覚悟が定まった」と言ったお声もよく頂きます。

開運ビジネスネームの選名のご案内はこちらです

4 ブランディングやイメージ戦略

自分のやっていくビジネスの内容に合わせて、イメージに合ったお名前を使う事はイメージ戦略やブランディングにも繋がります。

仕事内容によっては、本名でビジネスをするより、ビジネスネームを使った方がイメージ的にメリットがあり売上UPやファンを増やす事に繋がる事もあります。

それを踏まえて本名の方が良いのか、ビジネスネームの方が良いのか、検討されると良いかと思います。

5 運気が変わる

名前によって運勢が変わる

姓名判断という占いでは、名前によって運勢が変わるという事が言われています。

「姓名(せいめい)=生命」と言われ、姓名判断においては、お名前を変えるという事は生命そのものを変えることだと考えます。

お名前を整えるという事(吉名を持つ)という事によって、自分自身の心の状態が整い、行動が変わっていくために環境や人生までもが良い方向に変わるという事があります。

ビジネスネームを作るという事がきっかけとなり、環境が変わったり、人生の良い変化を実感する事もあると思います。

これまでの人生をガラッと変えて心機一転新しい人生を始めたいという方にはビジネスネームを作る事はとてもおすすめです。

社運は経営者の名前で決まるとも言われる

姓名判断においては、社運は経営者の名前で決まるとも言われ、社会的に影響力がある方ほど名前の良し悪しは大事だと考えられています。

起業をしてこれからビジネスをスタートするのであれば尚更、運気を大事にするという姿勢は大事だと思います。

ビジネスネームで起業するデメリット3つ

起業でビジネスネームを使う場合には、たくさんのメリットがある事が理解頂けたのではと思いますが、反対に、デメリットはあるのでしょうか。

次に、私自身の体験も踏まえて、ビジネスネームを使う場合に考えられるデメリットも紹介します。

本名を知っている人には馴染みにくい

私自身がまず感じたデメリットは、「周囲の人に浸透するまでに時間がかかる」ということでした。

やはり最初から自分を知っている人間にとっては、本名で認識をしていますから、なかなか新しい名前が馴染みにくいと感じました。

しかし、徐々に、仕事をしていくに連れて、ビジネスネームで認識して下さる方が増えていきました。

元々の友人や知人には浸透しにくいデメリットはありましたが、ビジネスネームがどんどん認識されていけば、違和感はなくなっていきますし、自分自身もビジネスネームを使うことが自然になっていくと思います。

違和感があるのは最初のうちだけかもしれませんね。

開運ビジネスネームのご相談・選名のご依頼はこちら

信用の問題:銀行口座名義と異なる名前を使うことになる

銀行口座は、本名でないと登録ができません。

あなたの商品が売れて、実際に支払いが発生した場合に、個人名義の銀行口座に振込をしてもらうとなると、口座名義とビジネスネームが異なる名前になってしまいます。

現在は、ビジネスネームで起業される方は多いですので、あまり気にならないかもしれませんし、会社登記をするのであれば問題がないですが、口座名義とビジネスネームがあまりにも異なる場合には、信用の問題があり、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこは認識をしておいた方が良いかもしれません。

私の場合ですが苗字は本名で、下の名前だけを変えています。

苗字は本名を使えば銀行口座とビジネスネームが違っても違和感はあまり持たれないのではないのではないかとは思います。

個人的には、苗字は変えず、下のお名前だけを変えることをお勧めはしています。

開運ビジネスネームのご相談・選名のご依頼はこちら

フェイスブックは実名制である

SNSで集客をしている起業家さんも多いですよね。

フェイスブックは、ビジネスネームで登録することは可能ですが、本来は実名制です。

実際には、ビジネスネームでアカウントを取っている方も多いですので、気にしない方もいらっしゃると思いますが、そこはご自身での判断となると思います。

実際記事のシェアや投稿などはフェイスブックページで行なうのが良いかもしれません。

フェイスブックページでしたらビジネスネームで登録しても何ら問題はありません。

フェイスブックでアカウントを取得する場合にも、苗字は変えず、下のお名前だけを変えると違和感は少ないとは思います。

開運ビジネスネームのご相談・選名のご依頼はこちら

信用の問題は「下の名前」だけを変えることで解決!

以上、ビジネスネームを作ることのデメリットを紹介しました。

デメリットもありますが、ビジネスネームを作るメリットはとても大きいと思います。

私自身は、元々の名前が凶名だったことがあり、凶名の本名を使ってビジネスをしていた時期があります。

その時は、途中でトラブルに見舞われてしまったりとかなり波乱が大きかったです。

そんな経験があったので、名前を変えてビジネスをスタートしたことで、とても良い恩恵を感じています。

ビジネスネームを使うことによる「信用問題」が気になる方もいらっしゃるかもしれません。

私の場合、前述の通り苗字は本名を使っています。

信用の問題が気になる方は苗字はそのままに、下の名前だけを変えるのも1つの方法だと思います。

(姓名判断では苗字に吉凶はないとしてみます)

ビジネスネームの選名を承っております

以上、今回はビジネスネームを使うメリット、デメリットを紹介しました。

ビジネスネームを作るか迷っている方や検討中の方は参考にされてみて下さい。

これからビジネスネームを作りたいという方は、姓名判断を使ったビジネスネームの選名のご依頼を承っております。

ご案内はこちらよりご覧下さい。

開運ビジネスネームの選名のご案内はこちらです

また自分で名付けをしたいという方に向けて、最短2週間で学べる姓名判断の動画講座を配信しております。詳細は下記をご覧下さい。

姓名判断オンラインプログラム【開運ビジネスネーム作成講座】
国内トップクラスと言われる姓名鑑定を自宅で動画で学べる通信講座(オンライン講座・eラーニング)のご案内です。開運ビジネスネームを自分で作りたいという方や赤ちゃんの命名をされたいという方、姓名判断を学んでみたいという方は是非ご参加ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました