天中殺(空亡)の過ごし方は?やってはいけない事はある?

開運方法

こんにちは。

小野晄子です。

占いを受けた事がある方や、興味をお持ちの方で、「天中殺」についてどんな風に過ごしたら良いのか疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、天中殺(空亡)の期間について、

  • どんな意味のある期間なのか?
  • どんな風に過ごすのが良いのか?
  • やってはいけない事はあるのか?
  • 天中殺の運気アップ方法は?

などについてお伝えします。

天中殺の過ごし方について不安に思っている方や疑問をお持ちの方は参考にしてみて下さい。

天中殺とはどんな時期?

天中殺とは、占いによって、空亡(くうぼう)とか大殺界(だいさっかい)と呼ばれる事もあります。

四柱推命では空亡(くうぼう)、算命学では天中殺(てんちゅうさつ)、六星占術では大殺界(だいさっかい)というように占いの種類によって呼び名は違いますが、全て同じものを指します。

私はここでは、天冲殺という言葉を使わせて頂きますね。

天中殺とは、12年の中で2年間(占いによっては3年間)誰にでも巡ってくる特殊な期間のことです。

この期間についても占いや先生により、2年と見るか、3年とみるかで異なります。

基本的には2年ですが、その前後もやや天中殺の影響が出る場合があるため、3年にしているところもあるということになります。

天中殺の時期は、生年月日によって決まり、実際には年だけではなく、12ヶ月のうち2ヶ月(あるいは3ヶ月)は天中殺の月となり、12日間に2日(あるいは3日)は天中殺の日、ということになります。

「天中殺は悪い事が起こる」は嘘?本当!?

大殺界とか天冲殺の場合、「殺」という文字がつくので怖いイメージを持ってしまう方や、ネガティブな印象を持たれている方が多いのではないでしょうか。

実際に、

「ネガティブな事が起こりやすいから大きな行動は控えるべき」

「運気が著しく下がる時期」

そんな風に捉える占いもありますし、中には、「天中殺だから結婚や転職は控えなさい!」というアドバイスをもらった、という方もいらっしゃると思います。

しかし、元々、天中殺とは、中国の軍略から生まれた発想の1つで、本来、天中殺というのは、悪い事が起こる時期、という意味はありませんでした。

天中殺はイレギュラーな期間

天中殺の捉え方は占いや占いの流派、先生や人によって様々で、見解も異なるというのが実際のところです。

ここでは私の鑑定経験も踏まえながら、私の見解としての天中殺の捉え方をシェアしますね。

天の気がない時期

天中殺は十干十二支の組み合わせによって決まりますが、十干と十二支を組み合わせていくと、十二支の方が2つ余ってしまいます。

これが天中殺なのですが、天の気である十干の力が働かず、地の気である十二支だけが余ってしまう期間なので、天の気がないとして見ます。

そのため、通常時とは少し異なる期間であることは間違いありません。

有名人の鑑定をしていると、天中殺中に大ブレイクしたり、ヒット商品やヒット曲を生み出したり・・という方がものすごく多いことに気付きます。

天中殺に大きく飛躍したり有名になる、実績を残す、という方もたくさんいらっしゃいます。

このように見ていくと、天中殺=悪ではない事がわかります。

天中殺だから悪いことが起きるわけではないんですね。

むしろ幸運期になっている人もいます。

天中殺は悪い事が起きる時期、と捉えてしまうと、ネガティブになりやすく、気持ちも塞いでしまいやすいですよね。

天中殺=凶とか悪い時期、と捉える必要は全くないと私は思います。

しかし、通常とは異なる時期なので、良いも悪いもイレギュラーなことを経験しやすい、ということがあります。

通常とは違う判断をしやすい、とも言われます。

ポジティブな解釈をすれば、いつもだったら体験しないようなことを体験できる面白い?期間ということですね。

天中殺は、車で例えるならハンドルが効きにくくなる時期、とも言えるかもしれません。

このように、天中殺については、いつもと違う判断をしやすかったり、イレギュラーなことが起きやすいとか、いつもと違う出来事も起きやすい時期、ということを理解しておくと過ごしやすくなります。

いつもと違う流れが起きてきた時に、天中殺期間だと分かっていれば

「天中殺期間だからかな〜」と納得できたり、ストレスも感じにくいと思うのですが、天中殺を知らないと、

「なんでこうなるの?!」とストレスを感じてしまう場合があるのではと思います。

そういう意味で、天中殺期間を知っておくと対処がしやすくなるメリットがあります。

天中殺に避けた方が良い事はある?

天中殺に避けた方が良い事はあるのでしょうか?

これも占いや人により見解が異なるのですが

  • 結婚
  • 転職
  • 不動産の購入

など大きなスタートは天中殺は避けた方が良いとする考えが主流ではあります。

天中殺前に決めたことであれば問題ないですが、確かに、天中殺期間はいつもと違う判断をしやすかったり、イレギュラーな期間になるので大きな決断は慎重に行った方が良いでしょう。

ただし、私自身は、「天中殺中はイレギュラーな期間」ということを知っておけば、あれもだめ、これもダメと必要以上に制限をする必要はないと考えています。

天中殺は意識と無意識の間の扉が開く時期

天中殺は確かにイレギュラーなことが起こりやすいですが、それは人生における大事なことに気付かせてくれる出来事かもしれません。

天中殺に起きた出来事を通して、本当にやりたかったことに気付いたり、自分の本当の気持ちに気付くことができたり・・そんなことも多くあります。

天中殺の期間は意識と無意識の間の扉が開く時期とも言われます。

普段蓋をしていた無意識が表に出てくるので、自分の本当の気持ちや願い、深層意識が現実化しやすいとも言われます。

「こんな仕事は本当はやりたくないんだ」

と心の奥底で思っていたとしたら、仕事をクビになるかもしれません。

「忙しい生活をやめて少し休みたい」

と思っていたら、止まらざるを得ないような出来事が起きるかもしれません。

そんな風に無意識が表に出やすくなるのが天中殺と捉えることもできるでしょう。

ちなみに九星気学では、天中殺期間を上手に使うことで宝くじを当てることができると言われています。

天中殺期間の運気アップ方法とは

天中殺は、これまで10年のリセット期間だとも言われます。

10年間に積み上げてきた運のプラスやマイナスを総決算する時期が天中殺だと言う考え方もあります。

色々な捉え方や見解があって面白いですよね。

天中殺にマイナスのことを経験したら、運の借金の相殺現象が起きたのだな、と捉えるのも1つの捉え方だと思います。

天中殺をポジティブに乗り切るには、私は、日頃から運を良くする行動を心がけ、運を積んでおく事が重要だと思っています。

最後に、天中殺期間をプラスに過ごすための具体的な運気アップ方法をご紹介しますね。

1.  九星気学の開運法を実践する

私はありとあらゆる開運法を実践してきましたが、運の貯金をしていくには、九星気学を実践するのが1番で、九星気学はベストオブベスト、最高峰の開運法だと思います!!

九星気学の開運法を実践していれば、どんな時も守られるようになりますし、例え天冲殺であっても最善のことが最善のタイミングで起きるようになると感じています。

2.  神社参拝

神社参拝を習慣にしているとといざと言う時に守られやすいです。

天中殺も穏やかに過ごしやすいですので、ぜひ日頃から、神社参拝をして行って下さい。

無人の神社や荒廃した神社は避けて下さいね。

3.  お墓参り

お墓参りもとても大事な開運アクションとなります。

お家にお仏壇を置いて、手を合わせるのでも良いです。

4.  日頃から徳積みをする

日頃から、意識して善行を心がけておく事が、運の貯金になります。

寄付やボランティアなども良いでしょう。

寄付というとそんな余裕はない、と言われる方も多いですが、真心こそが大事ですので、真心がこもっていればどんな金額でも構いません。

 

以上の4つの運気アップ方法を日頃から心がけていると、天中殺でもポジティブに乗り切ることができるでしょう。

意識してみて下さい。

 

★運気を高める九星気学を学んでみませんか?オンライン講座を開催しております。

興味のある方や運気アップしたい方は下記ご案内をご覧になってみて下さいね!

開運九星気学オンラインプログラム(九星気学通信講座)
九星気学を通信講座で学んでみませんか? 旅行の吉方位の見方や毎日の中で開運できる「日盤吉方」、ラッキーカラーやラッキーフードの活用の仕方、バイオリズムの読み解き方など、初めて学ぶ方にもわかりやすく日常で運気アップする技をしっかりお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました