天中殺(空亡)の過ごし方は?やってはいけない事はある?

開運方法

こんにちは。

小野晄子です。

占いを受けた事がある方や、興味をお持ちの方で、「天中殺」についてどんな風に過ごしたら良いのか疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、天中殺(空亡)の期間について、

  • どんな意味のある期間なのか?
  • どんな風に過ごすのが良いのか?
  • やってはいけない事はあるのか?
  • 天中殺の運気アップ方法は?

などについてお伝えします。

天中殺の過ごし方について不安に思っている方や疑問をお持ちの方は参考にしてみて下さい。

天中殺の過ごし方は?運気アップの4つの方法を紹介

天中殺とはどんな時期?

天中殺とは、占いによって、空亡(くうぼう)とか大殺界(だいさっかい)と呼ばれる事もあります。

「殺」という文字がつくので怖いイメージをお持ちの方や、ネガティブな印象を持っている方も多いかもしれません。

天中殺とは、12年の中で2年間(占いによっては3年間)誰にでも巡ってくる特殊な期間のことです。

天中殺の時期は、生年月日によって決まり、実際には年だけではなく、12ヶ月のうち2ヶ月(あるいは3ヶ月)は天中殺の月となり、12日間に2日(あるいは3日)は天中殺の日、ということになります。

「天中殺は悪い事が起こる」は嘘?本当!?

天中殺や大殺界というと「殺」という文字がつき、怖いイメージを持ってしまいやすいのではないでしょうか。

「ネガティブな事が起こりやすいから大きな行動は控えるべき」

「運気が著しく下がる時期」

天中殺をこんな風に捉えている方もいらっしゃるかもしれません。

元々、天中殺とは、中国の軍略から生まれた発想の1つ。

実は天中殺というのは、悪い事が起こる時期、という事ではありませんので安心してください。

有名人の鑑定をしていると、天中殺中に大ブレイクしたり、ヒット商品やヒット曲を生み出したり・・という方がものすごく多いです。

天中殺に大きく飛躍したり有名になる、実績を残す、という方もたくさんいらっしゃいます。

このように見ていくと、天中殺=悪ではない事がわかります。

天中殺はイレギュラーな期間と捉えよう

天中殺だから悪い事が起きる、とかネガティブに捉える必要は全くないのですが、天中殺は他の時期とは異なるイレギュラーな期間となります。

良いも悪いもイレギュラーなことを経験しやすい、という風に捉えておくと良いかと思います。

良いも悪いも、いつもだったら体験しないようなことを体験できる期間ということですね。

私自身、天中殺の年もそうですが12日に2日間巡ってくる天中殺の日は、ちょっといつもと違う日になりやすかったりします。

「あれ、今日はいつもとちょっと違うかも・・」と思ってカレンダーを見ると天中殺の日だった、とかよくあります。(良い悪いもです)

天中殺は、車で例えるならハンドルが効きにくくなる時期、とも言えるかもしれません。

天中殺はハンドルが勝手に左右に動いてしまってコントロールが効きにくい・・そんなイメージです。

天中殺中はいつもと違う時期なので、不安定になりやすいという面もあり、安定を望む場合にはちょっとマイナスに思える事もあるかもしれませんが、いつもと違うイレギュラーを楽しむ気持ちを持っていれば天中殺は面白い期間でもあると思います。

天中殺に避けた方が良い事はある?

天中殺に避けた方が良い事はあるのでしょうか?。

天中殺に新しいことをするのはだめ!と言われる先生もいらっしゃるのではと思います。

先生によって考え方は異なると思うのですが、私自身は、「天中殺中はイレギュラーな期間」ということだけを知っておけば良いと考えています。

必要以上に行動を制限すると返って運気が下がってしまいます。

イレギュラーな期間だから、いつもと違う判断をしやすい事もある、と理解しておきましょう。

イレギュラーな時期だから天中殺中に大きな決断や行動をすると、ちょっと不安定になりやすかったり、天中殺明けてから「何であんな選択をしたのだろう?」と思ったりしやすいという事もあります。

天中殺に入る前から決めていたものであれば全く問題はないですが、例えば天中殺に入ってから出会った人に一目惚れして結婚したりすると、後から「あれ?」と思うこともあるかもしれません。

転職も同様です。

ちなみに私は以前、天中殺期間に転職をした事がありますが、かなりイレギュラーな環境で、特殊な働き方をさせて頂くことになりました。

特殊な環境だったので長くは続ける事はできず、天中殺明けてから辞めることになったのですが、それはそれでとても人生における貴重な経験となり、良い体験ができました。

安定を望まれる方の場合は、天中殺期間に大きな決定をする場合、少し慎重に考え行動する事を心がけてみて下さい。

少し待ったり、タイミングをずらした方がスムーズに行きやすくなる事もあります。

また家を買うなど大きな買い物については天中殺明けてからの方がおすすめではあります。

天中殺に結婚したり転職した場合、通常の期間とは少し異なる経験をすることになったり、場合によっては不安定になる事もありますが、それはそれで意味があることだと思います。

家を買った場合は生命保険を含め、保険をしっかりかけておくと良いと言われていますので参考までに。

天中殺期間の運気アップ方法とは

天中殺は、これまで10年のリセット期間だとも言われます。

10年間に積み上げてきた運のプラスやマイナスを総決算する時期が天中殺だと言う事です。

中には天中殺に病気をしたり怪我をするなどマイナスのことを経験される方もいらっしゃるのですが、天中殺は日頃の運の総決算時期ですので、運の借金の相殺現象としてマイナスのことが起きてきていると考えましょう。

日頃から運を良くする行動を心がけ、運を積んでおく事が重要ですし、運を積んでおく事で天中殺中の大きなマイナスは避ける事ができます。

また天中殺は、無意識の扉が開く時期、と言われる事もあります。

無意識に不平や不満などゴミを溜めているのか?

それとも無意識にプラスのものを溜めているのか?

それによって起きる出来事が変わるということになります。

天中殺を良い期間としてプラスに過ごすためには、日頃から運気アップのためのアクションを心がけ、天中殺の期間はいつも以上に運を積む行動を心がけるのがおすすめです。

最後に、天中殺期間をプラスに過ごすための運気アップ方法をご紹介しますね。

1.  日頃から吉方位を取っておく

四柱推命や算命学では天中殺を重視する反面、開運の学問でもある九星気学では、天中殺を重視しないということがあります。

九星気学は、自らの行動によって「後天運」を上げていくことを重視しているため、日頃から吉方位へ出向き、運の貯金をしておけば天中殺も平和にプラスに過ごせると考えます。

九星気学では、日替わりの吉方位へ出向いて開運する「日盤吉方」などの開運法を実践することで運の貯金ができると考えられています。

九星気学の開運法は目に見えて運気アップの効果も体感がしやすく、とてもおすすめです。

2.  神社参拝

神社参拝を習慣にしている方は必ずと言って良いほど奇跡を体験したり守られる経験をされています。

日頃から神社参拝をしておくといざと言う時に守られますし天中殺も穏やかに過ごしやすいでしょう。

3.  お墓参り

お墓参りもとても大事な開運アクションとなります。

4.  日頃から徳積みをする

日頃から、意識して善行を心がけておく事が、運の貯金になります。

できる範囲で寄付をするなどがおすすめですので習慣化してみて下さい!

 

以上の4つの運気アップ方法を実践して頂くことで天中殺の期間も守られやすくなり、幸せに過ごしやすくなります。

ぜひ意識してみて下さいね!

ということで今回は、気になる方も多いと思われる天中殺の過ごし方や運気アップ方法についてご紹介しました。

1つの捉え方となりますが、参考にしてみて下さいね!

 

★九星気学のオンライン講座を開催しております。

興味のある方や運気アップしたい方は下記ご案内をご覧になってみて下さいね!

開運ビジネス九星気学講座/オンライン通信講座形式
九星気学を通信講座で学んでみませんか? 旅行の吉方位の見方や毎日の中で開運できる「日盤吉方」、ラッキーカラーやラッキーフードの活用の仕方、バイオリズムの読み解き方など、初めて学ぶ方にもわかりやすく日常で運気アップする技をしっかりお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました