九星気学の流派による違いを徹底検証!6つの論点とアドバイス

こんにちは。

小野晄子です。

 

九星気学を使って方位取りをしようと思ったけれど

 

本やインターネットに

書いてあることがそれぞれ微妙に違っていて

どれが本当の情報なのかわからない。

 

というような経験をして、困ってしまったことはありませんか。

 

そんな方に、知っておいて頂きたいのは

「九星気学には流派がある」ということです。

 

九星気学は何千年も前から存在してきた陰陽哲学や占術を

今から約100年ほど前に、

園田真次郎先生という日本人が1つの学問としてまとめたものです。

 

その後、様々な気学家と言われる先生方が検証を重ね

変更が加えられながら現在に至っています。

 

気学の根源やベースは同じでも、あまりにも壮大な学問であるがために

現在でもその解釈には様々な考え方が存在しているのです。

 

九星気学は、「気」という目に見えないものを扱う学問です。

ですので、どの流派が間違っていて、

どれが正しいとはっきり言うことはできないと思います。

 

今回は、流派によってどんな考え方の違いがあるのかや、

考え方の違いをどのように捉えていくのが良いのか、

というのを私なりの見解を述べたいと思います。

 

 

九星気学の流派の違いによる6つの論点

 

流派による違い① 「真北説」と「磁北説」

流派のちがいの1つに

 

「真北説」(しんぼくせつ)を取っているか

「磁北説」(じほくせつ)を取っているか、

 

ということがあります。

 

初めて聞く方は難しいと思うのですが

 

方位学でもある気学において、

「北」という基軸となる方位をどこに定めるか、

という考え方の違いとなります。

 

「真北説」(しんぼくせつ)というのは、

北極星のある位置、

つまり地球の地軸の中心(北極点)を北とみなす方法です。

 

逆に「磁北説」(じほくせつ)というのは、

「コンパスの北」を北とみなす方法です。

 

「真北説の北」と「磁北説の北」には若干のズレが生じます。

 

そのズレは、東京では約7度、

日本国内でみると、4度~9度のずれとなります。

(稚内で約9度のずれ、那覇では4度のずれ)

 

また磁北の北は、年を経るごとに年々ずれていっていることがわかっています。

 

つまり、真北の北は、不変のものですが

磁北の北は場所や時間(年)や

環境により変化するものであると言うことができます。

 

この4度〜9度のずれのために、

真北説か磁北説かで

方位が変わってしまうということがあります。

 

真北説を取っている流派が大半ですが、

磁北説を支持する方もいます。

 

関連記事:

どっちが正しい?!気学における真北説と磁北説の流派の違いを解説

2017.10.24

 

流派による違い② 地図を平面で観るか球体としてみるか

 

流派により意見が分かれる論点として

地球を球体として方位を見るか

平面で方位を見るか

という違いが挙げられます。

 

日本国内であれば、この考え方の違いにより

方位に差はあまり生じませんが、

 

海外へいく場合、

地球を平面で見るか

球体で見るかによって、方位は変わってきます。

 

たとえば、

よく目にするお馴染みの世界地図(下)は

 

メルカトル図法という図法により、

球体である地球を(無理やり)平面に投影して描いた地図です。

 

この地図を使用し、

方位を8方位に分割して気学を使うと方位線は

このように引かれることとなります。

 

 

しかしながら地球を球体として捉えて

方位を見ると方位線はこのように曲線となります。

 

この違いにより、特に海外への移動においては

大きな差が生じ

意見が分かれてしまいます。

 

たとえば地球を平面で見た場合、東京から見て

ヨーロッパ(イタリア、イギリス、フランスなど)は西ですが

球体で考えた場合は北西となります。

 

 

流派による違い③ 移動距離と滞在時間による遁甲盤の使い方

遁甲盤には、年盤、月盤、日盤、時盤

という種類が存在するというのはどんな流派でも共通する考えです。

 

しかしながら、

移動する距離と滞在時間により、

どの「盤」を使うのか、重視するのか

という考え方が流派によって違います。

 

たとえば5000キロ離れた場所へ海外旅行に行き、

4日間滞在する場合、年盤を重視する流派もあれば

年盤は見なくて良いという考え方もあります。

 

海外でなく日本国内であっても、

滞在時間や距離により

 

「年盤・月盤・日盤どの盤を使うのか(重視するのか)」

というのは流派により意見が違います。

 

流派による違い④ 本命だけでみるか、月命を考慮するか

流派によっては、月命は考慮せず

本命だけで吉方位を割り出すという流派もあります。

 

その場合、「月命殺」や「月命的殺」という凶方位は存在しなくなります。

 

流派による違い⑤ 8方位の角度の違い

九星気学では、方位を東西南北とその間の北東、北西、南西、南東と

大きく8方位に分割をします。

 

8方位を出すにあたってその角度の割り振りを

東西南北を30度、北東、北西、南西、南東を60度で取る

30度60度説と、

 

すべての方位を45度ずつ取る

45度説を支持する考え方があります。

 

45度派は少数です。

 

流派による違い⑥ 定位対沖を考慮するかしないか

気学の流派によって、

「定位対沖」(ていいたいちゅう)という考え方を取り入れて鑑定を行う流派と

「定位対沖」を考慮しない流派があります。

 

定位対沖とは、

星の定位置(後天定位での位置)の対中(遁甲盤における向かい側)に

星が廻座する(巡る)とき、その方位を凶方位とするという考え方です。

 

たとえば

南に廻座する一白水星を取る

北に廻座する九紫火星を取る

北東に廻座する二黒土星を取る(暗剣殺と重なる)

南西に廻座する八白土星を取る(五黄殺と重なる)

北西に廻座する四緑木星を取る

南東に廻座する六白金星を取る

東に廻座する七赤金星を取る

西に廻座する三碧木星を取る

というのが定位対沖における凶方位です。

 

定位対沖を全く考慮しないという流派もあれば、

・南に廻座する一白水星を取る

・北に廻座する九紫火星を取る

この2つだけは凶方位とするという流派

すべてを考慮するという流派もあります。

 

 

 

そのほかにもあると思いますが、

以上が気学の流派によって考え方が異なる

主な違いかと思います。

 

 

このように、流派の違いがあることを理解して頂ければ、

 

本やインターネットで調べたときに

書いてあることがそれぞれ違う!

という場合にも納得がいくのではないでしょうか?

 

「流派によって違いがあるなんて、どうすれば良いの?」

と困ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんので

 

そんな方のために、気学の流派の違いについて

私自身の意見とアドバイスをお伝えしたいと思います。

 

流派の違いとの付き合い方とアドバイス

 

自分で九星気学を勉強して実践する

最も良いのは、自分で九星気学を勉強して実践するという方法だと思います。

自分で勉強をすれば、いろいろな考え方があることを理解した上で、

どの考え方を採用していくかを自分で決められます。

 

私自身も、いろいろ自分で実験を繰り返していく中で

自分の考え方に自信が持てました。

 

自分で学び、自分で動いてみて実験し、検証していくのが

自分で1番納得ができますし

方位学を活用する良い方法だと思います。

 

先生を決める

気学を学ぶ場合でも、鑑定を受ける場合でも、

まずはこの人という先生を決めて

その人から徹底的に学ぶのが良いと思います。

 

しっかり1つの流派の考え方をマスターした上で、

他の考え方を自分で検証してみるのが良いと思います。

 

 

移動をした後は吉が取れたと信じる

いろいろな意見に惑わされるのではなく、

「この方法で絶対に吉が取れる」としっかりと信じることも

気学では大事です。

 

お引越しをした後や海外旅行をした後は、

「吉を取ったのだから良いことがあるはず」

と楽しい気持ちで過ごすことがとても大切です。

 

「吉を取ったから良いことがあるはず」

という心構えや、ワクワクした楽しい気持ちが

実際にハッピーな出来事を引き寄せるからです。

 

気学は天文学でもありますが

「気」というものを扱う学問でもあります。

 

「気持ちよく過ごすからこそ良い気が良い出来事を引き起こす」

という「気の作用」はとても大切なものなのです。

 

 

私自身は気学を最初に教えて下さった方の流派と、

その後先生について学んだ流派は異なるものであったため、

考え方の違いがいくつかありました。

 

そんな中で自分自身が納得がいく理論を鑑定に採用し、

検証と実験を繰り返し現在の鑑定法に至っています。

 

しかしながら他流派の否定もしていませんので

いろいろな捉え方や考え方があっても良いと思っています。

 

気学は目に見えないものを扱っているので

科学で証明することはできません。

 

気学は幸せになるための「哲学」でもありますから

正しいとか間違っているという考えに

捉われない方が良いとは思います。

 

いたずらにタブーを気にするとかえって不幸になってしまいますので

方位に振り回されずに活用していくことと

活用に当たって楽しんでポジティブに使っていくのが良いと思います。

 

流派は違っても気学のベースは一緒です。

流派の違いによる吉凶の違いに囚われ過ぎることなく

ぜひ楽しんで気学を活用されてみてくださいね。

 

※講座や鑑定に関するお問い合わせや、その他のご質問につきましては
こちらからお問い合わせください。

 

 

この記事がお役に立ったら
いいね ! して頂けたら嬉しいです!

占いの講座を体験受講してみませんか?




あなたも占いを学んでみませんか?
占い体験講座受講生募集中

期間限定で格安で占いの講座が受講できます!




小野晄子の運気アップハッピーメルマガジン



風水気学・マヤ暦で運気アップ

小野晄子の運気アップメールマガジン

小野晄子より、風水気学やマヤ暦を使った運気アップ情報をお届けしています。メルマガご購読者限定のプレゼントやお得な特典もあります。

 

メルマガ登録・解除
小野晄子の運気アップメールマガジン
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ



2 件のコメント

  • 他流はダメだといい放つのは占いだけでなく、茶道や華道から始まり、行くつくところは宗教ではないでしょうか。
    他流をけなさずに諭す論調に、大変賛同します。

    • コメントを誠にありがとうございます。
      幸せになる1つのツールとして、気学をお伝えしていますが、タブーや不安を煽るような考え方で逆にネガティブなっては元も子もありません、、
      気学だけでなく全てに通じることかもしれませんね(^_-)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください