気が合わない人や理解できない人と上手く付き合うコツ<九星気学で人間関係を良くする>

こんにちは。

小野晄子です。

 

人間関係において、どうしても気が合わないとか、

相手のことが理解できない、ということがあり悩んでいる方へ。

 

特に、夫婦関係だったり、家族だったり、

職場での人間関係などの近い関係性で、どうしても顔を合わせる機会が多い場合には、

一緒にいるとストレスを感じてしまうことがあると辛いですよね。

 

私自身は、占いができるようになってから

だいぶ人間関係が楽になりましたし

自分自身の家族や夫婦の関係においてもとても役に立っています。。

 

相手と気が合わないと感じる場合でも、

相手の本質がわかれば

相手の言動の理解ができるようになるので、

ストレスはぐっと軽減されます。

 

鑑定では、深く相手の価値観や関係性について観ていくことができますが

今回は、九星気学を使い、もっと手軽に簡単に、生まれ年から相手が大事にしている価値観、本質を知る方法をご紹介したいと思います。

 

コミュニケーションを円滑にしたり、

相手のことをより良く知るために活用できますので、

 

気が合わないとか理解できない人が周りにいて困っているという方は

参考にしてみて頂けたらと思います。

鑑定のご依頼はこちらから

 

九星による3つの価値観の違い

生まれ年により、9つの星のタイプの人がいます。

一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9つです。

この9つそれぞれ、星による性格の特徴などがありますが、

 

さらにざっくりとこの9つの星を分類すると、

3つのグループに分けることができます

 

Aグループ・・・一白水星、四緑木星、七赤金星

Bグループ・・・二黒土星、五黄土星、八白土星

Cグループ・・・三碧木星、六白金星、九紫火星

 

という3つに分けられ、

このA~Cグループそれぞれ

価値観や考え方、人生の中で本質的に大切にするものというのが異なります。

 

これを知っておくだけでも、だいぶ人のことが理解しやすくなります。

 

下記では、この3つのグループのそれぞれの特徴や性格、コミュニケーションのコツなどについて紹介します。

 

ただし、生まれ年による「本命星」(ほんめいせい)がわからないと、

このグループ分けを活用することができないので、

まずは自分と相手の生まれ年(生年月日)から、九星における本命星をチェックしておいてください。

本命星がわからない場合にはこちらに早見表を掲載していますのでチェックしてくださいね。

 

※相手の生年月日がわからない場合、A~Cのどのグループに相手が所属するかを
予想して活用して頂けたらと思います。

 

鑑定のご依頼はこちらから

 

人との調和を大切にするAグループ(一白水星・四緑木星・七赤金星) 

本命星が、Aグループの星、一白水星・四緑木星・七赤金星の3つは

専門用語では、人数系列(じんすうけいれつ)の星と言われます。

 

人数系列の星の方というのは、

とにかく人と上手に調和していきたい、という気持ちが強いです。

 

人間関係を大事にしますし、表面的に、人当たりも良いことが多いです。

人間関係において、気を使うことが多いですし、人の気持ちにも敏感なので

3つのグループの中で、1番気疲れもしやすいです。

 

争いをしてぶつかり合うくらいなら、自分が折れたり人に合わせたりして調整していこうと思うことが多いです。

 

※人数系列の方の場合、人に優しく接するようにし、人間関係を大事にすればするほど運気アップするとも言えます。

 

他のグループの星から見ると、

人の目や世間体を意識しすぎているとか、人に合わせ過ぎているように見えることもあるかもしれません。

Aグループ(人数系列)の星をもつ人とのコミュニケーションのコツですが、まず優しく接してあげることが大事となります。

 

また争いは好まないので、協調していくことを意識して接するようにしましょう。

会話の中で共感を示したり、優しさを見せてあげることを意識すると良い関係が築きやすく、

また人柄の良さや、優しいところ、

人間関係の上手さ(人から信頼されている、人から好かれている)などを褒めてあげると喜びやすいです。

 

 

鑑定のご依頼はこちらから

 

実力と努力と結果を大事にするBグループ(二黒土星・五黄土星・八白土星)

本命星が、Bグループの星、二黒土星・五黄土星・八白土星の3つは

専門用語では、地数系列(ちすうけいれつ)の星と言われます。

 

地数系列の人は、地道にコツコツと努力をすることが得意で、

しっかりと結果を出すということを大切に考えています。

 

3つのグループの中で、もっとも実力主義者と言えます。

 

直感で行動するというよりも、しっかりと考えて納得してから行動する傾向があります。

行動は早い方ではありませんが、ゆっくりでも確実に成果を上げます。

 

あまり愛想が良い方ではないので、一見厳しそうに見えたり、

不機嫌そうに見えたりすることもあります。

 

※地数系列の方の場合、コツコツ努力するとか、結果を出すことを大事にする方が運が良く、また運気アップのコツになるとも言えます。

 

Bグループとのコミュニケーションのコツですが、

しっかりと結果を出すとか、努力をしていく姿勢を見せることが大事になってきます。

 

また相手の実力のある部分や成果を見て褒めるようにしたり、

しっかりと成果を出してくれるという点で、頼りにしている、とか感謝を伝えることがコミュニケーションのコツにもなります。

 

鑑定のご依頼はこちらから

ノリと気合、明るさを大事にするCグループ(三碧木星・六白金星・九紫火星)

本命星が、Cグループの星、三碧木星、六白金星、九紫火星の3つは

専門用語では、天数系列(てんすうけいれつ)の星と言われます。

 

天数系列の人は、

人にあまり影響されることがなく、自分の感覚や直感を大事にして行動します。

 

また根性とか、気合いを大事にするタイプでエネルギッシュです。

勢いで行動するところがあります。

 

※天数系列の方の場合、明るさや元気さ、自分の感性を大事にする方が運が良く、また運気アップのコツになるとも言えます。

 

天数系列の人と接する場合ですが、

気合いや根性を大事にする人なので、それを理解してあげることが大事になりますし

ある程度ノリを大事にして明るく元気に接することが良いです。

 

コミュニケーションのコツは、明るく元気なことを褒めてあげたり、

頭の良さやセンスの良さを褒めると良いです。

 

 

以上が、九星の本命星による、3つのグループの分類となります。

 

3つのグループそれぞれ、大事にしている価値観が違いますので、

まずそこを理解をすると、人間関係も上手くいきやすくなります。

 

・人との調和を大事にする人数系列

・成果や結果を大事にする地数系列

・ノリと気合いと直感と勢いを大事にする天数系列

 

それぞれ異なる価値観を持っているのが理解できましたでしょうか?

 

もちろん、こちらは本命星だけで見ていますので、もう少し深く見ていくと

天数系列だけど地数系列の星の要素も持っている、とか

地数系列だけど人数系列の星の要素も持っている、などの傾向はあります。

 

けれども本命星における系列による影響は、大きいので、

ぜひ参考にしながらコミュニケーションを取ってみて頂けたらと思います。

 

この3つの分類を知っておくだけでも、

少し人間関係のストレスが緩和されたり、

相手のことが理解できるかもしれません。

 

もっと詳しく人間関係を読み解きたい、とか、相手のことをもっと深く知りたいという方には鑑定にてアドバイスなども行っていますのでご相談頂けたらと思います。

 

鑑定のご依頼はこちらから

 

鑑定や講座についてのお問い合わせはこちら

この記事がお役に立ったら
いいね ! して頂けたら嬉しいです!

占いの講座を体験受講してみませんか?




あなたも占いを学んでみませんか?
占い体験講座受講生募集中

期間限定で格安で占いの講座が受講できます!




小野晄子の運気アップハッピーメルマガジン



風水気学・マヤ暦で運気アップ

小野晄子の運気アップメールマガジン

小野晄子より、風水気学やマヤ暦を使った運気アップ情報をお届けしています。メルマガご購読者限定のプレゼントやお得な特典もあります。

 

メルマガ登録・解除
小野晄子の運気アップメールマガジン
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ