風水で運気が上がる地相は?土地を見分ける4つのポイント

風水・地相・家相

こんにちは。小野晄子です。

これからお引っ越しを考えているとか、家を新しくお建てになる予定がある方、物件選びで迷っている方など「せっかくなら風水的にもなるべく良い土地を選びたいなぁ」とお考えになっていませんか?

今回は、そんな「土地選び」「物件選び」にあたって、風水的に良い土地を選びたいと考えているあなたのために「風水で良い土地を見分ける方法」についてご紹介します。

土地探しをされている方は参考にされてみてくださいね。

音声で聞きたい方は下記Youtubeよりご覧ください。

チャンネル登録はこちら

良い土地に住むと運気がアップする!

風水(風水気学)において、土地の条件のことを「地相」(ちそう)という言い方をします。

地相が良い場所に住むと、発展の気を受けることができますので、金運がアップしたり、やる気が出てきたり、精神状態が良くなるなどの恩恵が得られます。

地相に対し、家の中の相(家や部屋の形や間取りなど)のことを家相(かそう)という言い方をしますが、

もし家相が悪かったとしても、地相が良い場所に住めば家相の悪さも相殺されていきます。

ですので、できる限り、地相が良い場所を探すと良いですし、暮らしやすさを考えても、地相が良い場所に住むと快適に暮らすことができます。

九星気学を学んでみませんか?開運する九星気学オンラインプログラムはこちらです

自宅の周囲の東西南北の地形を見よ!

風水でみて、地相が良い土地とはどんな土地になるのでしょうか。

いろいろと条件があるのですが、自宅の周り、だいたい3Km圏内の、東西南北の地形をみて判断すると、比較的簡単に良い土地を見分けることができます。

特に重要となるのは750m以内の地形です。

風水的に良い土地に住んで、運気アップしたい!!という方は、下記、風水的に運気が上がる土地の4つの条件をお伝えします。

全部満たしていればベストですが、なるべく満たすように選ぶことで運気アップが可能です。

参考にされてみてくださいね。

九星気学を学んでみませんか?開運する九星気学オンラインプログラムはこちらです

家の東側に◯◯があると大発展!!

まず、家の東側をチェックしてみてください。

東というのは、朝日が昇って、朝日が入る方位ですよね。

もし高い山があったり、家の東側に高い建物(高層ビルなど)があったらどうですか?

朝日が遮られて暗くなりやすいですよね。

家の東側は、自宅よりも低くなっていて、太陽がしっかり入るのが理想的です。

また風水的に、東側にあると良いとされるのは「川」です。

東に川がある家に住むと、大発展の気が受けられます。

やる気が出てきたり、元気になる、またお子さんがいらっしゃる場合には、お子さんに良い影響が出ますので、お子さんが健康になったり、元気になったり、活躍するようになります。(特に男の子)

川でなくても、東側には、「流れるもの」があると吉とされていますので、例えば線路(家より低い位置であることは必須)や道路でも良いですし、幼稚園や小学校があると「登下校する子供の流れ」ができるので吉の相とされています。

反対に、東側の目の前に目線よりも高い建物があったり、山があったりすると、「凶相」ということになってきます。

東の凶相というのは、やる気が出ない、とか元気が出ない、ということになりがちです。

家のすぐ東側に高いビルなどが立っている・・というような地相は避けた方が良いですが、どうしても住む場合には、お引っ越しをするか方位取りで東の吉方を取っていくのが良いです。

九星気学を学んでみませんか?開運する九星気学オンラインプログラムはこちらです

西に◯◯があると金運劇的アップ!

次に西方位をチェックしてみましょう。

西側は、東とは反対に、家より高地になっているのが吉の相です。

西日というのは物を腐敗させるということもありますし、家には日光があまり入らない方が良いとされています。

西側が低地になっていると西日が多く入ってきてしまいますから、家の西は高地の方が良いのです

特に西側は、「金運」と大きく関係がある方位でもあります。

家の西側に高いビルがあったり、山などがあれば金運がアップすると言われています。

例えば今住んでいる場所で、西側に新しく高い建物が建設されたとしたら金運アップのサインと見ます。

家の西側は、家より高くなっていることが条件で、さらに街道や国道があればベストです。

また神社やお寺などがある場合にも吉相としてみます。

九星気学を学んでみませんか?開運する九星気学オンラインプログラムはこちらです

家の南に◯◯があると昇進する!?

次に家の南側をチェックしましょう。

南側も、東同様、家より低くなっているのが理想です。

家の南側が開けていると、太陽の光も入りやすいですし、日中ポカポカと暖かく、気持ち良く過ごしやすいですよね。

南側は東と同様、低地になっている方が良い地相として見ます。

家のすぐ南側に高い山があるとか、高層ビルがあるというような家はできたら避けましょう。

南側は家より低くなっているのが条件で、なおかつ海や池、湖など太陽が水面に映るようなものがあると大吉です。

南は名誉運と大きな関連があります。

南が低く、海や湖がある地相に住むと、頭が良くなったり、名誉や権力を得るということになります。

家族の中の働いている方の昇進も期待できますよ。

九星気学を学んでみませんか?開運する九星気学オンラインプログラムはこちらです

家の北側に◯◯があると健康運アップ!!

次に家の北側をチェックしましょう。

北は、開けていると北風が入ってくるので家が冷たくなります。

北は西と同様、家より高地になっているのが理想です。

絶対に避けた方が良いのは、家の北側がすぐ崖になっているような地相。

北は健康運と大きく関係がありますので、こういう家に住むと、余程他の条件が良くない限りは、鬱っぽくなったり、健康を害したりしがちになると言われています。

北側に高い山や丘、森などがあると、精神的にもしっかりとした支えができ、安定感が出てきます。

健康運アップにもつながります。

また北が高地になっていなかったとしても、神社やお寺、高い建物などが北にあるのも吉相として見ます。

九星気学を学んでみませんか?開運する九星気学オンラインプログラムはこちらです

以上、風水で良い土地を見分ける方法と、4つの運気アップポイントをご紹介しました。

特に重要なポイントは

  • 東と南は家より低いこと
  • 西と北は家より高いこと

この2つとなります。

東と南に山、西と北が崖などの、真逆の土地は避けた方が良いでしょう。

とは言っても、全ての条件が揃った土地というのはなかなかないかもしれません。

できる範囲で、なるべく上記の条件を満たすような土地を選んでいくと快適に暮らしやすいですし、運気アップにも繋がって行きますよ。

これから土地を探す方などは参考にしてみて下さいね。

九星気学を学ぶと人生を良くする方法がわかります。オンラインで通信講座を開催しております。

講座のご案内は下記よりご覧下さい。

開運ビジネス九星気学講座/オンライン通信講座形式
九星気学を通信講座で学んでみませんか? 旅行の吉方位の見方や毎日の中で開運できる「日盤吉方」、ラッキーカラーやラッキーフードの活用の仕方、バイオリズムの読み解き方など、初めて学ぶ方にもわかりやすく日常で運気アップする技をしっかりお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました