方位取りをするなら必ず押さえておきたい基本のキ「あちこち方位」の使い方

Pocket

うさこ
晄子さん、私、来月は南西が吉方位だから、
南西方位に旅行に行きたいと思っているんだけど

地図で方位ってどうやってみればいいのかしら?
方位を自分で見れるようになったら便利だなぁと思って・・

 

晄子
それなら簡単よ!

あちこち方位というサイトを使うのがおすすめ。

アプリも出ているわよ♫

 

うさこ
あちこち方位?!

あっ、あった。このサイトね。

https://h200.com/houi/

どうやって使うのかしら・・・?

 

 

晄子
まずは画面上に自分の今住んでいる住所を入れてみてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさこ
わかったー。

うさこの住所・・

東京都庁っと・・

入力できたわぁ!

 

晄子
えっ、うさこちゃん都庁に住んでたのね・・

 

住所が入力できたら、

Enterキーで自分の自宅が地図の中央に来るようにして、

そのあとに「画面中央を自宅に設定」というボタンを押してね。

 

 

 

 

 

 

 

 

うさこ
ぽちっと。

 

※重要

ここで、きちんと自宅が中央に来ているか確認するようにしてください。
まれに、ほんの少し実際の自宅の位置と、中心がずれることがあります。
 
ずれたままの設定ですと、遠くに行けば行くほど
方位がズレていくことになり危険です。
 
ずれていた場合には微調整をしてきちんと自宅が中央に来るよう
設定してください。

 

 

 

晄子

次に方位線の設定をします。

ここが1番大事だから要注意よ!

 

まず、プルダウンメニューから

「気学12方位」を選択してね。

「気学30度60度」の設定でも良いけれど、

それだと北北西、とか南南西といった細かい方位が

見れないので「気学12方位」の設定が良いと思うわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさこ

◻︎偏角を考慮

というチェック欄があるけれどこれはなに?

 

晄子

 

ここは

真北と磁北という違いによるものなのだけど

チェックを入れないでおいてね!

※注1

 

それから、方位線と正方位線という2種類の線があるので

こちらは正方位線にチェックをいれてね。

 

※注2

 

 

 

 

 

 

 

うさこ

 

これで合ってますかあ?

 

 

晄子

オッケー!

 

うさこ

あ、あれ・・・

南西ってどっちだっけ汗

うさこ方向音痴だから方位とか本当は弱いの・・

 

晄子

方位がわからなくなったら下の図をみてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさこ

あっ、そっかぁ〜

南西には箱根や伊豆があるわ。

うさこ箱根に行ってみようかなあ♫

 

晄子

あらいいわね〜

方位を見るときには、

なるべく方位線ぎりぎりの場所は避けて

方位線の間ど真ん中の場所を狙って旅行に行くようにしてね!

 

例えば南西なら下の図でいうピンクのゾーンあたりがおすすめってこと。

線ぎりぎりのグレーのゾーンあたりは避けた方が無難ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさこ

そっかぁ〜わかりました〜!!

地図見るのが楽しくなってきました〜

うさこ来月はどこに行こうかな♫

 

 

みなさんもあちこち方位の使い方をマスターして

気学を活用してくださいね♫

 

 

 

※注1 偏角を考慮するのチェック欄について

気学には真北説と磁北説という2つの流派があります。
磁北説とは、磁石が指す北を北とする説
真北説とは、北極点と南極点を結んだ子午線上の北を北とする説です。

 

磁北説の北と真北説の北には数度(6度〜7度くらい)の誤差が生じます。
偏角を考慮するにチェックを入れると、
磁北を北とすることとなります。

流派もありますが、私自身は自分自身の経験からも
真北説を取っています。

 

磁石の北というのは、コンパスが指す北のことですが
同じ部屋の中でもどこにコンパスを置くかによって
コンパスの北というのは1〜2度ずれます。

このように磁北というのは不安定なものなのです。

真北というのは常に変わらない、地球の地軸を中心とした
「北」のことです。
北極星の位置を示すものでもあります。

方位というのは天体学であり
磁力ではなく宇宙や地球の動きを理論の基礎としています。

よって、偏角を考慮するにはチェックを入れないで
真北説によって方位を見ます。

引っ越しの時などは特に注意が必要です。

 

注2 方位線と正方位線の違いについて

方位線と正方位線は、両方にチェックを入れて比較をしてみると
よくわかりますが、

自宅から近い場所ではほとんど2つの線に違いはありません。
しかし遠くに行くに従い、線には大きなずれが生じてきます。

 

海外旅行や遠方に行く際にはどちらの線を使うかによって
全く方位が異なってしまいますから注意が必要です。

 

方位線は、地球を平面として方位線をまっすぐに引いていますが
正方位線は地球を球体として線を引いていますので
線が曲線となります。

もちろん地球は球体ですから
正方位線を使ってみます。

近距離の移動であれば
正方位線を使用しても方位線を使用しても
2つの線は重なり、ほとんど差が出ませんので
どちらを使用していただいても良いです。

 

両方にチェックを入れて比較をしてみるとわかりやすいですよ!

 

 

<気学を使って開運をされたいという方へ>

鑑定士に頼らず自分で運を開けるようになるよう
九星気学の知識を身につけてみませんか?

気学基礎講座のご案内

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Pocket

One Response to “方位取りをするなら必ず押さえておきたい基本のキ「あちこち方位」の使い方”

コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter でフォロー

このページの先頭へ