運気が低迷しているときの乗り越え方と過ごし方は?

こんにちは。

小野晄子です。

 

今回は、運気が低迷していて何をやっても上手くいかない、というあなたのために、運のバイオリズムについてと運の低迷時期の乗り越え方をお伝えします。

運気が低迷して困っているという方は参考にしてみてください。

 

運の9年と9ヶ月のバイオリズム

 

運にはバイオリズムがあるのをご存知でしょうか。

運勢学でもある九星気学では、運には9年のサイクルがあると考えます。

またもう少し細かくみると、9ヶ月というサイクルもあります。

 

9年サイクルのうち、5年間は幸運期(陽運気)といって、運にも応援される時期です。

この時期はどんどん行動をしていった方が良いですし、物事が拡大していく時期なんですね。

ところが、9年のうち4年間は衰運期といって、徐々に運気が弱まっていく時期というのもあります。

 

季節で言えば、幸運期は春〜夏です。

春〜夏は、どんどん物事が発展していき、植物も育ちますよね。

 

それに対して衰運期は秋〜冬。

秋〜冬は収穫もありますが、物事が発展するというよりは次の春〜夏のために準備をする時期ですよね。

 

衰運期は4年間ありますが、その中でももっとも辛い厳しい時期は約1年です

季節で言えば、「真冬」の時期ですね。

 

この時期は、下手に動いても実りはなかなかありません。

辛抱が必要な時期と言えます。

しかしこの辛抱の時期があるからこそ、次の新しいサイクルが始まっていくんですね。

 

運気が低迷しているという方は、今は運が落ち込む時期に来ているのかもしれません。

 

運気がもっとも低迷する1年の過ごし方

 

このもっとも運気が低迷する1年は、「準備」や「勉強」そして忍耐の時期です。

この時期は誰にでも9年に1度、平等に訪れます。

そして実は、目標めがけて行動したり努力をしている人であればあるほど、この衰運期の特に真冬の1年の落ち込みは激しいと言われています。

ですから衰運期に運気が低迷しているのであれば、がんばっている証拠!と思って捉えて頂いて良いのです。

それに人間良いときだけでなく、悪い時期や落ち込む時期もあった方が人間的に成長できますし人の痛みもわかるようになりますよね。

衰運期というと嫌な感じがするかもしれませんが、この時期があるからこそ物事が始まっていきますし、人間的にも成長できる。

そういう意味のある時期となります。

この時期は、下手に物事を拡大させたり、展開させようとか、結果を出そうと意識するのではなく、じっくりと作戦を練ったり、すこし身体を労わったりして無理をしないようにして過ごすのが正解です。

今は辛いかもしれませんが、バイオリズムですから必ず良いときが巡ってきます。

そして実はこの運の低迷期にどう過ごすかで次の新しいサイクルでの物事の発展・拡大が決まってきます。

この時期にしっかり準備をしておけば、次の幸運期にどんどん収穫を得ることができるわけです。

 

方位取りで運の低迷期を乗り切ろう

この運のもっとも低迷する1年を陥入(かんにゅう)という言い方をします。

陥入を乗り越える方法の1つとして、移動で吉方位を取っていく方法があります。

旅行でもいいですし、普段の移動で日盤吉方(ひばんきっぽう)と呼ばれる開運法を少しずつでも良いのでやっていくと陥入は和らぎますし運が上向いていくのが感じられるはずです。

運気の低迷が辛い!という方はご相談頂ければ日盤吉方の取り方や、現在のバイオリズム、バイオリズムに応じた年・月ごとの過ごし方のアドバイスなどもお伝えしています。

 

運のバイオリズムがわかり、今が陥入時期や衰運期だとわかれば少し安心もできますし、運気が上向いていく時期もわかるので希望が持てますよね。

運の低迷期もバイオリズムによる過ごし方や方位取りなどの対策を使って上手に乗り切りましょう!

鑑定についてご質問などあればお問い合わせください

この記事がお役に立ったら
いいね ! して頂けたら嬉しいです!

占いの講座を体験受講してみませんか?




あなたも占いを学んでみませんか?
占い体験講座受講生募集中

期間限定で格安で占いの講座が受講できます!




小野晄子の運気アップハッピーメルマガジン



風水気学・マヤ暦で運気アップ

小野晄子の運気アップメールマガジン

小野晄子より、風水気学やマヤ暦を使った運気アップ情報をお届けしています。メルマガご購読者限定のプレゼントやお得な特典もあります。

 

メルマガ登録・解除
小野晄子の運気アップメールマガジン
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ