占いの種類にはどんなものがある?3つの占いの種類分けと仙道五術とは

占い 学ぶ

こんにちは。小野晄子です。

これから占いを学んでみたいけれど、そもそも占いって、どんな種類のものがあるの?

何からマスターすれば良いの?

こんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、占いを学びたいと考えているあなたのために、まず知っておきたい「占いの3つの種類」(ジャンル分け)についてご紹介致します。

また占いには、大きく分けて

  • 西洋系の占い
  • 東洋系(中国)の占い

の2つがあります。

この2つの系統の占いについて、それぞれどんな種類の占いがあるのか、種類と簡単な特徴をご紹介します。

占いをこれから学んでみたいと思われている方は、参考にしてみて頂ければと思います!

YouTubeで占い無料動画講座を公開中です!
良かったらチャンネル登録お願いします。

占いの種類とは?どんな種類がある?

3種類の占いの分類の仕方とは

まず、占いには、大きく分けると「3種類」の分類があると言われています。

占いを勉強するなら、この3種類の違いについて、必ず知っておいた方が良いでしょう。

まずは、この占いの3種類の分類について解説します。

1 命占 (めいせん)/命術 (めいじゅつ)

まず1つ目は「命占」(めいせん)と呼ばれる占いのジャンルです。

命術という言い方をすることもあります。

命占(めいせん)とはどんな占いかと言いますと、「生年月日」を使う占い全般を指します。

生年月日や生まれた時間、生まれた場所などから、持って生まれた性質や特徴、才能など「宿命」を読み解きます。

命占は、

  • 性格や性質
  • 相性
  • 才能や資質
  • バイオリズム

などを占う際によく使われます。

命占には算命学・四柱推命・九星気学・西洋占星術・紫微斗数などが挙げられます。

命占は、統計学の要素も含むものも多く、的中率も高く、信憑性があります。

命占は習得には時間がかかるものが多いですが、占いを勉強するなら、1つは命占をマスターしておきたいと言われます。

運命を好転させる九星気学オンラインプログラムはこちらです

2 卜占 (ぼくせん)/卜術(ぼくじゅつ)

次に、「卜占」(ぼくせん)と呼ばれる占いがあります。

卜術(ぼくじゅつ)と言われることもあります。

卜占とは、その時の偶然性からメッセージを受け取り、未来を予知したり答えを導き出すという占いの種類のことを言います。

卜占の特徴としては、カードや筮竹(ぜいちく)など「道具を使う」ということです。

道具を使った上で、インスピレーションも使っていきます。

卜占の代表的なものにはタロットカードやオラクルカード、易占、おみくじなどがあります。

 

命占は、性格や資質など生涯変わらないものを占うのに使えますが、それに対して卜占は、状況によって変化するものを占うのに適しています。

例えば

  • 恋愛で彼の気持ちを占う
  • AとBどちらの選択がより良いか占う
  • 転職して良いかどうか占う

といった具合です。

上記のように人の気持ちなど、変化していく状況に関して占いを使う場合には、「命占」だけでは対応できないことが多々ありますので、卜占が使えるとかなり占いの幅が広がると言えます。

占いを学ぶなら、命占と合わせて、卜占も1つはマスターしておきたいです。

オラクルカード講座はこちらです

3 相占 (そうせん)/相術(そうじゅつ)

最後に、相占(そうせん)と呼ばれる占いの種類があります。

相術(そうじゅつ)、とか相学(そうがく)とも言われます。

相術とは、目に見える「相」と呼ばれる形から目に見えない「内容」を類推する学問のことです。

例えば、相占の代表的なものに「手相占い」があります。

手相は、手のひらの線や手の形など目に見えるものから運勢や性質といった目に見えないものを類推していきますよね。

その他、顔や立ち振る舞いなどから宿命や運勢や近未来を読み解く「人相学」や、家の形から住む人の運勢を見る「家相」、名前から運命を占う「姓名判断」などが相占となります。

その他、お墓の相を見る「墓相」、印鑑の相を見る「印相」など様々な学問があります。

命占と合わせて相占を使うことで、より的中率が高くなり、精密な占いができるようになります。

姓名判断講座はこちらです

占いは命・卜・相の3つをマスターすると活用しやすい

以上の命占・卜占・相占(命術・卜術・相術)という3つが、占いの大きなジャンル分けとなります。

占い師として活動するためには、この3つを最低1つずつマスターしていくことが望ましいと言われています。

東洋系の占いと西洋系の占い

命・卜・相という3つの占いの種類は理解できたけれど、じゃあ一体、何からマスターすれば良いの?

何から学ぶべき!?

と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

占いを学ぶにあたって、まず最初に決めると良いのは、「東洋系の占いを学ぶか、西洋系の占いを学ぶか」ということです。

もちろん興味がある占いがあれば、興味があるものから学んでいくのが良いと思いますが、占いには、大きく分けて東洋系と西洋系の占いの2種類があるということを知っておきましょう。

東洋系(中国)の占いと種類

東洋系の占いとは、主に中国で生まれ発達した占いのことを指します。

東洋系の占いは、「陰陽五行」をベースとしているのが特徴です。

ここで東洋系(中国)の占いの代表的なものをいくつかご紹介します。

  • 算命学

算命学は、東洋系(中国)の占いの代表的なものです。

生年月日を使って占いますので、命占となります。

算命学は、難易度が高く、習得には数年以上の時間がかかるとされています。

習得には時間がかかりますが、それだけ習得すれば活用範囲は広く、仕事としても活躍できる可能性は高いと言えます。

  • 四柱推命

四柱推命も、東洋系(中国)の占いの代表的なものです。

生年月日を使って占いますので、命占となります。

算命学との大きな違いは、生まれた時間も使って占うということです。

算命学の場合は生まれた時間は必要ありません。

算命学と四柱推命は母体は同じ学問ですが、算命学の方は、軍事や政治に使われてきた歴史があるのに対し、四柱推命は一般人に向けて発展した占いだと言われています。

四柱推命も、算命学と同様、習得には時間がかかると言われていますが、習得すれば活用範囲は広く、占い師として活躍できる可能性は高いと言えます。

  • 九星気学

九星気学も、東洋系(中国)で生まれた占いで、日本で体系化されました。

九星気学は、命占の部類に入りますが、深めて行くと、卜占としても使うことができる大変便利な占いです。

九星気学は、「動の開運学」と言われ、開運の要素が強い学問です。

生まれ持った才能や資質などを見ることも可能ですが、後天的な運勢をいかに高めるか?ということに重きをおいた学問ですので、そういう意味では算命学や四柱推命と少しカラーが異なるかもしれません。

九星気学の中の、方位術や風水術などは、経営者の方にも人気が高いです。

運命を好転させる九星気学オンラインプログラムはこちらです

  • 手相

手相は、元々はインドで生まれ、中国に伝わった学問だと言われています。

手の形や線などから、運命などを読み解く占いで、「相占」の部類になります。

手相もとても人気が高い占いの1つですので、命占と合わせてマスターすることで、占い師として活躍できる可能性が高まるでしょう。

手相占いは、オンラインでの鑑定では鑑定がしにいというデメリットはあるかもしれません。

  • 姓名判断

姓名判断は、中国ではなく、日本で発達した占いです。

「名前」という目に見える形から運勢を占うことから、「相占」の部類になります。

命占である、算命学、四柱推命、九星気学などに比べれば、比較的早くマスターすることが可能です。

  • 易占

易占は、「筮竹」(ぜいちく)と呼ばれる竹の棒のような道具を使って占う「卜占」です。

卜占でありながら、的中率が驚くほど高いのが特徴で、東洋系(中国系)の占いを学ぶなら、ぜひ習得したい占いです。

習得にはある程度、時間がかかりますが、習得すれば、とても活用範囲が広く役に立つ占いとなります。

西洋系(中国)の占いと種類

東洋系の占いに対して、ヨーロッパで発達した西洋系の占いも大変人気が高いです。

次に、西洋系の占いの代表的なものをご紹介します。

  • タロット

西洋系の占いの代表と言えば、タロットが挙げられます。

占いと言えばタロットを思い浮かべる人も多いほど、大変人気の高い占いで、幅広い事項を占うことが可能です。

西洋系の占いを選ぶなら、タロットの習得は必須だと言えるかもしれません。

  • 西洋占星術

西洋系の占いを選ぶなら、命占としては西洋占星術をマスターするのが良いでしょう。

タロットと西洋占星術は関わりが深いですので、タロットと合わせて習得するのがおすすめです。

東洋系の占いと西洋系の占いの違い

東洋系と西洋系、どちらの占いを選ぶか迷う!という方もいらっしゃるかもしれません。

西洋系の占いは、十二星座やタロットなど認知度も高く、女性にとても人気があります。

キラキラしたイメージもあり華やかさもあるのが特徴です。

東洋系の占いは、男性や経営者などにも人気が高いと言えます。

フワッとしたイメージの西洋系の占いに比べ、東洋系の占いの方が吉凶がハッキリしているとも言われます。

西洋系の占いに縁が深い方と、東洋系の占いに縁が深い方、分かれるのではないかと思います。

心惹かれる方をまずは選んで学ばれることをおすすめ致します。

仙道五術とは

最後に、東洋系(中国系)の占いにおける、「仙道五術」という考え方を紹介したいと思います。

仙道五術とは占い師や仙人になるための5つの術のことを言います。

仙道五術には「命・卜・相」の他に「山・医」という2つが加わります。

「命・卜・相・山・医」(めい・ぼく・そう・さん・い)、または「命・卜・相・医・山」(めい・ぼく・そう・い・さん(ざん))という言い方をします。

「医」とは

「医」とは医学や自然療法のことです。

昔は占いと医学はとても関連付けて行われており、占い師がハーブや薬草などを調合したり身体の不調も治していました。

身体と精神というのは密接な結びつきがあるもの。

例えば東洋の陰陽五行の理論は漢方や東洋医学の根幹を成す考え方でもあります。

「医」の道としては例えば、鍼灸や漢方薬、薬草の知恵などが挙げられます。

飲む開運フラワーエッセンスカウンセリングはこちらです

「山」とは

「山」(さん)とは山などで修行したり、大地や自然の気を得ることにより習得する技のことを言います。

修行によって得られる霊力や、例えば気功術などもこの「山」にあたります。

東洋系の占いを学ぶにあたり、命・卜・相に医・山という2つを加え、五術を全てマスターしたなら最強だと言えるでしょう。

私が九星気学をお伝えしている理由

以上、今回は、占いをこれから学んでみたい!というあなたのために、占いの種類や西洋系、東洋系の占いの違いについて解説しました。

私自身は、東洋系の占いである、九星気学や姓名判断を習得しており、講座でお伝えしております。

私自身は、最初は自分が開運したくて九星気学を学び始めました。

九星気学は、「動の開運学」と呼ばれ、後天的な運をいかに良くしていくか?と言うことを教えてくれる学問だからです。

色々な占いがありますが、私自身は、自分自身を知るだけでなく、運命を自らの行動で変える方法を学べる九星気学が大好きです。

占いを学ぶだけではなく、自分の人生を変えていきたい!

開運したい!人生を良くしたい!と言う方には、九星気学はとてもおすすめの占いです。

九星気学や姓名判断をオンラインでマイペースに学べる動画講座でお伝えしております。

九星気学や姓名判断を学んでみたい!と言う方は下記講座のご案内をご覧下さい。

運命を好転させる九星気学オンラインプログラムはこちらです

開運ビジネスネームを作ろう!姓名判断オンラインプログラムはこちらです

お問い合わせはこちらからお願い致します

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました