九星気学で赤ちゃんの男女を産み分ける方法と子供を授かる方法

未分類

こんにちは。

小野晄子(おのあきこ)です。

 

赤ちゃんをなかなか授かることができず悩んでいる方や、

できれば男の子を授かりたい、

女の子を授かりたいなどの希望があるという方へ。

 

九星気学では、

こんなお悩みの対処法もありますので、

今回は、赤ちゃんを授かる方法や、

 

赤ちゃんの産み分け方法、

安産の方法について書いてみたいと思います。

 

 

赤ちゃんをなかなか授からないという場合

赤ちゃんを授かりたいという想いがあるのに、

なかなか授かることができないという場合には、

 

「北西」の方位、

十二支では「戌」(いぬ)の方位

または、六白金星の星をうまく活用することで、

 

赤ちゃんを

授かりやすくなります。

 

旅行で結構ですので、

1泊〜3泊くらいで戌の方位へ

夫婦で吉方になる時期に旅行に行くのが最もおすすめです。

これを数回行います。

 

機能不全などの問題がある場合にも、

この方法は、

有効的だと言われています。

 

方位のアドバイスや鑑定のご依頼はこちら

 

男女の産み分け方法について

男女の産み分けをしたいという場合なのですが、

まずは夫婦で話し合って、

 

男の子を授かりたいか、

女の子を授かりたいかということを

しっかり話し合って、

 

意見を一致させる、

ということがとても大事になります。

 

男の子を授かる、女の子を授かる、

ということを決めることで

望み通りの赤ちゃんを授かりやすくなります。

 

 

または、

九星気学を使った

「男女の産み分け」に有効な方法もあります。

 

100パーセントではありませんが、

高い確率で、

産み分けができると言われていますので、

 

この方法を試すのも

良いかもしれません。

 

鑑定、ご相談はこちら

 

九星気学の産み分けを実践された方のお声

方位の鑑定と

産み分けのアドバイスをさせて頂いた方から

こんなメールを頂きましたので

ご紹介させていただきます。

 

以前、吉方位鑑定と日盤吉方の鑑定をしていただきました⚪︎⚪︎です。
まずは現状報告からさせて頂きますと、
あの後、妊娠が判明しまして、
小野さんに教えて頂いた産み分け方法を実施して、
私の希望だった男の子を見事に授かることができました!!
ありがとうございます!効果てきめんで大変驚きました。
出産予定日は来年の2月になります。
もしあなたが
・子供を授かりたいけれどなかなか授かることができない
・男女どちらの子供が産まれやすいか知りたい
・男女の産み分けがしたい
・安産になるようにしたい
などのご希望があれば、
鑑定やアドバイスをさせて頂くことも可能ですのでご相談ください。
占いを学んで本気で開運したいあなたへ

【占いの学びで本気で開運したいあなたへ】

古代からの叡智を学び人生を変えていきたいと言う方、
自分や周りの人のために学びを役立てたいという方へ。

小野晄子公式Lineにご登録頂くと

・九星気学
・マヤ暦
・姓名鑑定
・四柱推命

などの無料動画をお送りさせて頂いております。



※ご登録後、アンケートにて興味のある占いの学びを選んでください。

またご登録頂いた方には

運命を創造して天職に出会う方法(限定動画)
占いは決まった運命を読み解くものだと思っていませんか?
当たり、外れに留まらず運命を創造し新しい人生を切り拓くための学びをお伝えしています。
運命を創造するために意識したいこととは?
天職にはどうしたら出会える?
などについてお話ししています。

②自然の法則を味方につける8つの開運メソッド(PDF)
九星気学の学びをベースに、「気」という目に見えないエネルギーを活用し開運する方法についてお伝えします。
日常の中で簡単に取り入れられる開運メソッドや開運するための考え方、物事の捉え方のコツについてまとめています。

上記2つの動画、PDFをプレゼントさせて頂いております。


<こんな方におすすめです>

・本気で開運を目指したい方
・占いの知恵を活用して人生を変えて行きたい方
・運命を創造する方法を知りたい方
・誰かに頼るのではなく悩みを自分で解決できるようになりたい方
・前向きに楽しく毎日を過ごして行きたい方
・仕事やビジネスに占いの叡智を活用したい方
・人の役に立てるスキルを身につけたい方
・自分も周りも幸せにしていきたいと言う想いのある方


興味のある占いの動画や限定プレゼントを受け取りたい方は
下記ボタンをクリックして頂き小野晄子公式Lineにご登録下さい。

友だち追加

未分類
小野 晄子をフォローする
占い通信講座 SynchroRichLife
タイトルとURLをコピーしました