おしどり夫婦のパートナーには秘訣があった!?幸せが続く入籍日の選び方

Pocket

こんにちは。

気学アドバイザーの小野晄子です。

 

さて、結婚式や、入籍日、開業日、開店日などなど・・・

おめでたいスタートの日には縁起をかついで
吉日を選びたいと思う方が多いのではないでしょうか?

 

あなたも何かをスタートする時、または何かを祝う時など
「いつにするか」という日取りに迷ったことはありませんか?

 

結婚を控えている方や、これから結婚を考えられている方などは
入籍日や結婚式の日取りを選ぶにあたって、慎重になると思いますし、
どの日にしようか迷うこともあるかと思います。

20080224132341

 

 

 

 

 

 

 

日取りはあまり気にしない、という方もいるかもしれませんが
幸せがずっと長続きするような

特別な日」や「とても縁起が良い日
があるとしたら知るだけでも知りたくないですか?

 

なんとなく「大安の日にしておこう」とか
「覚えやすそうな日にしよう」とか、
インターネットで吉日を調べて決める・・
という方も多いかと思います。

 

良く言われる吉日は、六曜における「大安」とか
「天赦日」というような日です。

 

天赦日」は日本の暦上で最上の日とされており
結婚や何かを始めるのに良い日とされています。

 

しかし天赦日は、1年に5回~6回しかありませんし
チャンスが少ないといえます。

 

「大安」の日を選ぶのも悪くはないのですが

ここでは、「大安」や「天赦日」よりもさらにおススメの
とっておきの「スペシャルな日」を特別にお伝えいたします!

 

その日からスタートを切ることで
宇宙の力に後押ししてもらうことができ
ものごとが進展、発展し長く長く続くというスペシャルな日

 

それは、「線路の日」と言われる日です。

 IMG_0481[1]

 

 

 

 

 

 

線路の日は、誕生日により人それぞれ変わってきます。

といっても3日間に1回は巡ってきますので
とても選びやすいですし、タイミングを逃してしまった!!
ということもないので安心です。

 

しかし線路の日の威力は絶大です。

この日に何かをスタートすると
通常以上に大きな結果を得られたり
物事が軌道に乗って発展したり

 

幸せが長続きする、ということがわかっています。

 

ここで、そんな
幸せが長く続く日「線路の日」の出し方を
お伝えいたします!

 

線路の日の出し方

線路の日は九星気学を使い、
生まれ年から割り出していきます。

まずは下記の順番で、

自分の生まれ年の九星を割り出してみましょう。

 

①自分の生まれ年(西暦)の4ケタの数字を1ケタになるまで足していく

 例)1981年なら・・
1+9+8+1=19  
1+9=10 
1+0=1

 ② ①で出た数字から11を引きます。 (10の場合は1+0=1)

 

③ ②の数字から頭のマイナスを取ります。

 

③ の数字が5⇒ 五黄土星  
1⇒ 一白水星
2⇒ 二黒土星 
3⇒三碧木星 
4⇒四緑木星 
6⇒ 六白金星  
7⇒七赤金星 
8⇒八白土星 
9⇒ 九紫火星 

 

※1月1日から2月3日生まれまでの方は前の年で計算してください。

 

自分の星が九星のうちいずれかがわかったら、
次に十二支が書いてあるカレンダーを用意します。

 

日にちのところに、
子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥・・・
という漢字が書いてあるものです。

 

戌年、寅年、など十二支は年賀状を出すときにはお馴染みのものですが
毎日の日にちにも十二支はありますし
月にも十二支があります。

 

一白水星・四緑木星・七赤金星だった方は、
子、卯、午、酉

二黒土星・五黄土星・八白土星だった方は、
寅、巳、申、亥

三碧木星・六白金星・九紫火星だった方は、
丑、辰、未、戌

 

これらの日にスタートの日を持ってくると
その日から始めたものは長く続き、発展していきますし

 

幸せが長く続きますので
入籍日にも最適といえるでしょう。

 

ちなみに会社もこの線路の日を社長の誕生日でみて
登記日や開業日や支店の開店日などを決めると
ものすごい勢いで発展すると言われています。

 

新商品の発売や、新しいキャンペーンの告知のスタートなどにも
とても良いですよ!

 

有名企業も、社長の線路の日に合わせて
新しい商品や宣伝のスタートをしているところもあるようです。

 

その他大企業などの社長さんは
この「線路の日」を意識している方も多いようですね。

 

私自身も、長く続かせたい物事は
線路の日」を意識してスタートさせています。

 

確かに意識しないでスタートさせたものと
関わり方が全く変わってきて長く続きます。

 

また良い方向に発展していくのを実感しています。

 

みなさんもぜひ
なにかをスタートする日や大切な入籍日などは
「線路の日」を意識してみてくださいね!

 

ちなみに、
「線路」は「日にち」が最も重要と言われています。

しかし「線路の月」や「線路の年」といわれるものもあります。

 

もしできるなら、線路の「月」や線路の「年」も考慮して
入籍日やスタート日を決めるとさらに良いです。

難しいようであれば「日にち」だけでも十分です。

 

また、入籍の場合パートナーの誕生年と
自分の誕生年が違うことがほとんどだと思います。

 

相手の線路の日と自分の線路の日が異なる場合は
「日にち」をどちらかの線路の日に合わせ

 

「月」をどちらかの線路の月に合わせるなどして調整してみる
ようにしましょう。

 入籍日や大切なスタート日に最高の日を選ぶと
その先の人生が変わります。

 

日取りの鑑定も承っております。

 

鑑定ではさらにあなたにとってのスタート日が最良の吉日となるよう、
様々な観点から暦を読み
アドバイスをさせて頂いております。

 

大切なスタートの日、
開業、開店、入籍、などの日取り鑑定
ご相談のお申し込みはコチラから

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Pocket

2 Responses to “おしどり夫婦のパートナーには秘訣があった!?幸せが続く入籍日の選び方”

  1. […] こちらの記事も合わせてごらんください。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter でフォロー

このページの先頭へ