人間関係のイライラを解決するには?イライラの仕組みと原因、対策とは

幸せになる心構え

こんにちは。

小野晄子です。

 

さてあなたは

人間関係において

 

イライラしてしまうとか

ストレスを感じる・・

ということはありますか?

 

 

職場や家庭など

身近な人間関係の中で

イライラが多いと疲れてしまいますよね。

 

今回は、

なぜイライラしてしまうのか?

という

 

「イライラの仕組みと原因」

また

怒りやイライラを抑える対策方法について紹介します。

 

ストレスを溜めやすいあなたは

参考にしてみてくださいね。

 

九星気学のレッスンはこちらです

イライラの仕組みと原因とは?

なぜ私たちは

「イライラ」

してしまったり

怒りを感じてしまうのでしょうか?

 

 

実は、

人間関係において

「イライラしてしまう」

のには原因があります。

 

 

人は、

「相手に自分の思い通りに動いて欲しい」

という感情を持っています。

 

しかし、

相手は自分の思い通りに動いてくれるとは限りません。

 

その期待が裏切られた時に

人はイライラを感じやすくなります。

 

 

例えば仕事であれば

あなたが部下に対して

「当然、今日中にこの仕事は仕上げておいてくれるだろう」

と期待していたとします。

 

しかし、

蓋を開けてみたら

部下は全くその仕事に手を付けていませんでした。

 

 

あなたはそんな時

イライラしたり怒りを感じてしまう可能性が出てきます。

 

九星気学のレッスンはこちらです

イライラの原因は、相手に対する「期待」

イライラの原因の1つは、

相手に対する期待です。

 

「○○して欲しい」

という行動に対する期待もそうですし

 

実は

 

「気持ちを察して欲しい」

「感謝して欲しい」

「褒めて欲しい」

 

などの感情も相手に対する期待となります。

九星気学のレッスンはこちらです

感謝して欲しい、褒められたいは自己都合

相手に対する行動への期待には

「感謝して欲しい」

「褒めて欲しい」

というものも含まれます。

 

「これをやれば感謝してもらえるだろう」

という期待を持っていると

 

相手に感謝してもらえなかったり

リアクションがないと

がっかりしてしまうのです。

 

または

「感謝してくれたっていいのに」

とばかりにイライラしてしまうこともあります。

 

「褒めてもらいたい」

という感情もそうです。

 

「これだけ頑張ったのだから褒めてもらえるだろう」

と期待をすることによって

 

褒めてもらえなかった時にがっかりしたり

イライラするという事が起きます。

 

 

相手のために行動して感謝されることや

努力したり頑張ることは

良いことですが

 

「感謝されること」

「褒められること」

それ自体が目的になってしまったら自己都合です。

 

 

人間関係でイライラしてしまう方は

 

感謝されたい、

褒められたい、

認められたい

 

という感情が強くなりすぎていないか

ちょっと注意してみると良いかもしれません。

 

九星気学のレッスンはこちらです

相手に過度な期待をしていないか気をつけよう

「相手に期待をしていたのに思い通りに動いてくれなかった」

という時に人はイライラを感じやすくなります。

 

ですので、

イライラしてしまったら

「あ、私は相手に過度な期待をしてしまっている」

と気付く事でもある程度感情を抑える事が可能です。

 

 

例えば

私は昔、

タクシーに乗ってイライラする事が多かったんですね。

 

タクシーを使うのだから

とにかく急いで欲しい、

という期待が強すぎたのでしょう。

 

回り道をされたり

運転手がモタモタしていたり

道が混んでいると

すごくイライラしてしまっていました。

 

しかし、

「そもそもタクシーや運転手に過度に期待し過ぎなのでは」

と思うようになってから

イライラする事がほとんどなくなりました。

 

 

イライラしてしまったら

「相手に過度に期待してしまっていないか」

ということを一度振り返ると良いかもしれません。

 

九星気学のレッスンはこちらです

誰かに満たしてもらうのでなく自分で自分を満たす事が大事

人は満たされていない時や

不満を持っている時に

 

「誰かに満たしてもらいたい」

と自分以外の誰かに

期待する気持ちを持ちやすいという事があります。

 

 

例えば

「感謝されたい」

「認められたい」

「褒めてもらいたい」

 

という感情も

自分が満たされていない時に湧き上がってきやすいです。

 

 

過度に周囲に期待をしてしまう場合

そもそも何か不満を感じていたり

ネガティブな感情を溜め込んでしまっているかもしれません。

 

 

この場合、

満たされていない感情を

自分で満たしていく事が重要になりますので

 

 

好きなことをするとか

生活を充実させるとか

 

自分の心が満たされることを探して

積極的に自分で自分を幸せにする努力をしていきましょう。

 

九星気学のレッスンはこちらです

五感を満たすことで癒される

自分で自分を満たすには

五感を満たす事が有効的です。

 

五感には

「聴覚」

「視覚」

「嗅覚」

「味覚」

「触覚」

という5つがありますが

 

この5つは、

脳と感情に結びつきやすいです。

 

五感が満たされていないことによって

不満も持ちやすいですし

ネガティブな感情を持ちやすくなるという事があります。

 

部屋を綺麗にするとか

自然のアロマで良い香りに包まれる

美味しいものを食べる

着心地の良い服を着る

 

こういった五感を満たすことを意識するだけでも

ネガティブな感情が解放されやすくなるので

自分で自分を満たせるようにもなり

 

人間関係においても

イライラしにくくなるという事があります。

 

九星気学のレッスンはこちらです

イライラしている人には近づかないこと

「イライラ」

というのは伝染病のように

人から人へと移ります。

 

あなたも相手にイライラをぶつけられて

自分までイライラしてしまった・・

という経験はありませんか?

 

イライラは「エネルギーの波長」なんですね。

だから伝染します。

 

これを防ぐためには

イライラしている人には極力近づかないことが重要です。

 

九星気学のレッスンはこちらです

イライラは運気を下げる

イライラしたり怒ったりすると

そこにエネルギーを使わなければならないので

疲れやすくなります。

 

運の観点から見ると

イライラは

運気を下げることに繋がります。

 

九星気学の考え方からみると

怒りは「火」という五行の凶相としてみますので

心臓や脳に負担をかけやすいです。

 

さらに美容にも良くないですし

金運ダウンにもつながりやすくなります。

 

イライラするのにメリットはないですよね。

 

 

以上、

今回は

人間関係において

イライラしてしまう仕組みと原因、そして対策についてお伝えしました。

 

 

ストレスが溜まりやすいとか

人間関係でイライラしやすい方は

少しでも参考にしてみてもらえたらと思います!

 

あなたも運気アップする方法を学んでみませんか?
九星気学のレッスンはこちらです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました