運が悪いのには原因がある!運勢学で運気アップ!!

こんにちは。

小野晄子(おのあきこ)です。

 

なんだか運が悪いような気がする・・・・と感じてしまうあなたへ。

運が悪くても大丈夫。

 

運を良くする方法というのはきちんと存在しています。

今回は、運勢学にもとづいて、運が悪い原因や、運を良くする方法についてシェアしたいと思います。

運が悪いという方は参考にしてみてくださいね!

 

運が悪いのには原因がある!運勢学で運気アップ!!

 

1 運のバイオリズムの問題

自然界には、春夏秋冬といった四季のリズムがあります。

 

同じように生命をもつ人間にもリズムがあります。

元気な時と、不調な時があるように、運にもバイオリズムがありますし、動いた方が良い時や、立ち止まって準備をするべき時もあります。

 

バイオリズムは、人それぞれ異なります。

年ごとのバイオリズムもあれば、月によるバイオリズムもあります。

 

バイオリズムによっては、不調になりがちなタイミングというものもあります。

 

そういう時は積極的に動くよりも、勉強をしたり、動くべきときに向けて準備をしたりゆっくり休んだりとそれなりの過ごし方があります。

 

もしかしたら「運が悪い」と感じる時というのは、運のバイオリズムが落ち込んでいる時かもしれません。

運のバイオリズムが落ち込んでも、落ち込む時期はそんなに長く続きませんのでご安心を。

落ち込む時期も長い目で見れば重要な意味を持っているのです。

 

 

2 先天的なもの

先天運といって、占いではもともと持っている運は人それぞれ違うと考えます。

もともと持っている運の量はみんな平等、という考え方もありますが、私は運はみんなそれぞれ違うと考えていますし、運勢学でも生まれ持った運は人それぞれ違うと考えます。

 

私たちは1人1人、生まれてくる家庭も違えば境遇も違い、身体的能力も親から引き継いだDNAによってある程度は決まっています。

 

もちろん、生まれた後に変えていけるものもたくさんあるのですが、先天的なものも存在するということです。

 

たとえば苦労をしやすい性質を持っているとか、もともと運が強い人というのはやはり存在します。

 

あなたが運が悪いと感じている場合、先天的なものが影響している可能性も否定はできません。

 

けれども先天的なものだからと言って諦める必要は全くありません。

先天運を知ればこそ、対策もできますし、先天運を補うように、運気を上げるアクションを取っていけば良いからです。

 

3.  過去に凶方位へ引っ越している

運勢学である九星気学という学問では、引っ越しをする際の「方位」によって、運気が変わると考えられています。

過去に何回も繰り返し凶方位ばかりへお引越しをしている場合、著しく運気が下がって嫌なことばかり続く、ということもあります。

もちろんマイナスの出来事には学びの意味がありますから、自分が成長できたり、苦労を生きる上での糧にすることもできます。

けれども、お引越しが影響して運が悪い場合には、意識的に吉方位(良い方位)への引っ越しをすることによって運の悪さを解消していくこともできますし、お引越しはちょっと大変という方も、毎日の移動の中で意識的に良い方位へ移動する「日盤吉方」という方法を続けることで、運の悪さを解消して幸せになっていくことができます。

 

ちなみに過去に凶方位を取ってお引越ししていてもショックを受ける必要はありません。

むしろそれがわかったらラッキーです。

運は今からでも、いつからでも変えることができます。

 

 

4.  名前が悪い

姓名判断という占いがありますが「名前」によっても、運の善し悪しが変わってくるということが言われています。

もちろん迷信だという方もいらっしゃるでしょうが、お名前を変えることで人生が良くなる方もたくさんいます。

お名前が悪くて、運が悪くなってしまっている方も中にはいます。

その場合にはお名前の漢字を変えたり、呼び名を変えたり、もう1つのペンネームを作ることなどでも解消することができます。

 

5.   家相や地相が悪い場所に住んでいる(住んでいた)

運勢学では、家相(家の形や間取りなど)や地相(どんな場所や土地に住んでいるか)によっても運勢が変わってくるということが言われています。

家相というのは心の状態を表すものなんですね。

もちろんお引越しをしたりリフォームなどで家相を整えることもできますが、お金もかかりますので大変です。

この場合には家相をみて、家相でマイナスになっている点を日常の心がけや、行動によっって補っていくことによって運気アップができます。

家相が悪いからといって落ち込む必要は全くないんですね。

家相をみて、それをどう生かしていくか?が大切となります。

 

 

6.  日頃の考え方や行動

やはり日頃の考え方や行動も運に影響を与えているということが言えます。

運が良い人は何事もプラスに捉えることが得意で、物事の良い面を見ようとする傾向があります。

運が悪い人は、「運が悪い」ことを理由にして自分や環境を変える努力をしなかったり、物事の悪い面にフォーカスしてしまう傾向があります。

日頃から人の悪口を言わないとか、愚痴を言わない、人のために行動する、前向きな思考や行動を心がけるなどの意識をもつことによって、運気も良い方向へ動かしていくことができます。

 

以上、運が悪くなってしまう原因と、対策についてお伝えしました。

 

運勢学では、運が良くなったり運が悪くなるのには原因があると考えますが、きちんと運を良くする方法も存在しています。

運が悪い人は行動しない人です。

運を良くするために行動をしていける人が運を変えていくことができるのです。

 

あなたもぜひ前向きに物事を捉えて運勢学も上手に活用して幸せを掴んでくださいね♪

 

★運気アップを実現したい方へ

日盤吉方の方法やアドバイス、方位の鑑定はこちら

お名前の鑑定やご相談、ペンネーム・ビジネスネームの選名はこちら

お引越しのご相談はこちら

 

※講座や鑑定に関するお問い合わせや、その他のご質問につきましては
こちらからお問い合わせください。

 

 

 

 

 

この記事がお役に立ったら
いいね ! して頂けたら嬉しいです!

占いの講座を体験受講してみませんか?




あなたも占いを学んでみませんか?
占い体験講座受講生募集中

期間限定で格安で占いの講座が受講できます!




小野晄子の運気アップハッピーメルマガジン



風水気学・マヤ暦で運気アップ

小野晄子の運気アップメールマガジン

小野晄子より、風水気学やマヤ暦を使った運気アップ情報をお届けしています。メルマガご購読者限定のプレゼントやお得な特典もあります。

 

メルマガ登録・解除
小野晄子の運気アップメールマガジン
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください