あなたの神社参拝の方法、間違っていませんか?これだけは守りたい6つのルール 

Pocket

こんにちは

あなたの運気アップをサポート

シンクロリッチライフアドバイザーの

小野晄子です。

 

 

みなさんは、

神社参拝に行って

 

「縁結び」や「開運」などを

お願いしてくることはありますか?

 

 

神社参拝をするときには、

正しい方法で参拝をすることがとても大切です。

 

 

神社参拝の方法なんてわからない・・

ちょっと自信がないかも・・・

 

というあなたは、

ぜひ正しい神社参拝の方法とマナーを知って

実践してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

1.  鳥居をくぐるときには?

鳥居をくぐるときには、

真ん中を避けて少し端に寄り、

一礼をしてからくぐるようにしましょう。

 

複数の鳥居がある場合には、

その都度、一礼をしましょう。

 

「お参りさせて頂く」

というご挨拶の気持ちが大切になります。

12548856_1536160803378888_7753115493100227103_n

 

 

 

 

 

 

 

2.参道の歩き方

参道の真ん中は、神様が通る道

とされています。

 

ですから真ん中を通るのはマナー違反となります。

 

端に寄って、歩きましょう。

 

 

3. 手水舎(てみずや・ちょうずしゃ)での作法

 

参拝の前に、必ず

手水舎(てみずや)で心身を清めることをします。

 

柄杓(ひしゃく)の使い方ですが

 

まず右手でひしゃくを持ち、

水を汲みます。

 

左手に水を流し、

次にひしゃくを持ち替え右手に水を流します。

 

次に左手で水を受け、

その水で口をすすぎます。

水は飲まずに手元に静かに吐き出すこと

 

左手を清めるために水を流します。

 

最後に柄杓を縦にし、

残りの水を、柄(持ち手の部分)を伝わせて流します。

 

 

4.  お賽銭

参拝時のお賽銭は静かに、入れましょう。

お賽銭の金額に決まりはありませんが、

感謝の気持ちを込めて決めましょう。

 

 

5. 参拝

参拝の時には、

「二礼二拍手一礼」(にれいにはくしゅいちれい)

が基本ですが、

神社によっては異なる場合があります。

その場合は注意書きなどに従うようにしましょう。

 

鈴を2回静かに鳴らしてから

二礼⇨ 深く、2回のお辞儀をします。

二拍手⇨右手を少し下にずらし、2回、手を打ちます。

その後きちんと両手を合わせて祈りを込めます。

 

最後に一礼⇨感謝と、神様を送る意味で一礼します。

 

 

6.  ご挨拶

帰る時にも、

鳥居をくぐったら振り返って

感謝の一礼をするようにしましょう。

 

 

以上、神社参拝の方法を簡単にまとめましたが

いかがでしたでしょうか?

まちがった参拝をしていませんでしたか?

 

神社参拝の際には正しい方法とマナーを守るようにしましょうね!

 

 

読むだけで開運!
運を良くするメールマガジンを無料で配信しています。

ご購読はこちらから

登録フォーム

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter でフォロー

このページの先頭へ