九星気学とは何?!知る人ぞ知る九星気学の魅力とは

Pocket

九星気学というと、 「一白水星(いっぱくすいせい)」とか

「二黒土星(じこくどせい)」・・・ というように

星の名前が思い浮かぶ方も多いかもしれません。

 

性格や性質を当てる占いでしょ

と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

九星気学は、人の性格や性質を見たり

運勢を見たりすることもできますが

 

実はそれだけのものではなく

深い魅力があります。

 

九星気学のことを耳にして興味を持っている方へ

 

今回は「九星気学とは何か?」という

気学のルーツと魅力に迫り、

ご紹介してみたいと思います!

 

 

1  九星気学のルーツ

九星気学の源流となる考え方は、

古代中国で生まれ、約5000年前にも遡ると言われています。

 

中国では天の気を占い、占いが農耕や政治に使われていました。

約3000年前になると、「陰陽説」「五行説」という考え方が統合され

「陰陽五行」という思想が確立しました。

 

この「陰陽五行」という思想は、

宇宙の万物を陰と陽、五行(5つの気)に分けて考える考え方で、

多くの占いの源流となっている考え方です。

 

 

 

 

 

 

 

占いだけでなく、

東洋医学や東洋哲学の根幹となる考え方でもあります。

 

九星気学も、この陰陽五行説の考え方が源流となっています。

 

 

2  戦で使われていた「方位学」

一方で、「三国志」の時代には

蜀の諸葛孔明が戦で「遁甲」と呼ばれる方位学を使用するなど

方位学が戦に用いられていた歴史があります。

 

形は違えど、方位学は日本においても

戦国時代、豊臣秀吉や徳川家康が戦や政治において

使っていたという逸話が残っています。

 

そんな遁甲術も九星気学のルーツとなっています。

 

 

3  日本で洗練された学問

 

日本には、方位学や九星術などの、気学の源流となる思想は

平安時代頃から入ってきていました。

 

しかしながら、当時日本においては貴族など時の権力者にしか

用いられることはなく、一般人は知ることができない知恵でした。

 

一般人がこれらの思想を知ることができるようになったのは

江戸時代になってからです。

 

江戸時代になると九星術などの思想が一気に一般に広まり

流行するようになりました。

 

「九星気学」というネーミングを付けたのは

大正時代の日本人「園田真次郎」という人です。

 

園田真次郎先生は、古代から伝わってきた易教や

遁甲学などの方位学、九星術、干支学などバラバラに日本に伝わってきた思想をまとめ

新しい学問として体系化して九星気学と命名しました。

 

「九星気学」という命名がされたのは大正13年のことです。

 

 

4  「気」を扱う学問

九星気学とは、「気」という目に見えないエネルギーを扱う学問です。

 

「気」(エネルギー)というものは、目には見えませんが

「やる気」「元気」「勇気」「強気」「弱気」・・

などなど「気」という言葉は日常でよく使われています。

 

古代人は自然界や人間の持つ「気」を読み解くことが

戦に勝ったり、人や国を動かすのに大いに役立つと考えてきたのです。

人の持つ「気」や場所が持つ「気」

また、日々移り変わる、宇宙を支配する「気」

 

九星気学とは、そういった「気」という存在を法則として読み解いた学問といえます。

 

 

5  九星気学は開運法

九星気学は、戦国時代は戦や政治に使われてきたことを述べました。

 

現代では、九星気学は日常の中で

どうやって運命を良い方向へ変化させ、

自分の望む未来を切り開いていくか?という

開運法として広く知られ活用されています。

 

 

 

6. 九星気学でできること

九星気学を使ってできることには以下のようなものがあります。

 

・自分自身の性質や才能がわかり自分への理解が深まる。

 

・他人の本来持っている性質や能力がわかり
他人を理解しやすくなる。より良い人間関係の構築に役立つ。

 

世界全体の動きの傾向を知ることができる。

 

・今年は自分にとってどんな年になるか?

今月はどんな月になるか?今日はどんな1日になりやすいか?

など自分の運勢やバイオリズムを予測できる。

 

・自分にとって良いタイミングを知ることができ
動くべき時、動かない方が良い時がわかる。
意思決定がしやすくなる。

 

 

・自分にプラスになる「気」を活用することで
自分の運気を上げ、より良い人生を切り開くことができるようになる

(移転や旅行の方位の吉凶がわかるなど)

 

 

 

 

7. まとめ

「九星気学」と一言でいっても、

「気学」には哲学や天文学、自然科学、統計学など様々な要素があります。

 

気学は歴史の中で受け継がれてきた多くの知恵が体系化されたものであり

運勢学の集大成とも言えるべき壮大な学問なのです。

 

今回は、九星気学とは何か、そしてその魅力の一部をご紹介しました。

 

長い歴史の中で伝わり洗練されてきた気学には

まだまだ伝えきれない深い魅力があります。

 

ぜひみなさんも数千年の歴史的背景を持つ「気学」を

より良い人生のために活用されてみてくださいね!

 

 

気学に興味をお持ちの方へ

気学の講座のご案内はこちらです

 

 

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter でフォロー

このページの先頭へ